スポンサードリンク

 

会社を退職したいと考える理由は人さまざまで、面接のときに伝える転職理由と

自分の中で考えている胸の内は別です。

面接する方が退職理由を聞く場合採用側は

入社後すぐに辞めてしまわないか

会社や周囲のせいにする思考があるかというのが心配で聞いている事があります。

 

転職する際は「本音と建て前」をきちんと使いわけ就職活動に役立てましょう。

転職理由の多くは、「人間関係」「給料が低い」というのが主な理由だと思います。

「正直に答えてしまい面接が失敗した」、「ウソをついてしまいトラブルになった」

という事もあります。

そこでこういった事が理由の場合どう伝えるのがおすすめなのかをご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

転職理由が人間関係の場合はどう伝えればいいの?

 

面接の際に「人間関係が理由で退職しました」と説明すると

企業側は「うちの会社でも人間関係が悪化したら辞めるのではないか?」

と心配になるからです。

かといってネガティブな理由を持ったらいけないという事はないので

安心してください。

ただネガティブな理由だけで転職するのは辞めグセがついてしまったりするので危険です。

 

大切なのは、

①自分がどういう方向に進みたいか

②働く上で何が優先順位なのか

 

これが重要になります。

人間関係が理由で退職した場合は、人間関係が理由ですと不満を相手に伝えるのではなく

転職したい理由を前向きに伝える事がポイントになります。

「チームで協力し、同じ目標に向かって努力出来る職場で働きたいと思い応募しました」

「自分の〇〇というスキルを生かして働きたいから」

など前向きな事を相手に伝える事が大切になります。

 

転職の理由が給料であればこう答えよう!

 

転職理由が、給料の低さという理由から転職を考える方も多いと思います。

今のご時世、サービス残業が多くなり会社への拘束時間が長くなってしまう分、

これだけの仕事をやって給料がこれだけかと不満を抱いてしまう事もありますよね?

 

転職する際の理由を聞かれた時に、ストレートに給料が低かったからと

伝えるのはマイナスになってしまうので、こういう場合もマイナスの事はふせ、

「もっとこういった仕事がしたいので」という伝え方や、

「〇〇のスキルを高めたい」などプラスになる事を相手に伝えるのがポイントです。

 

 

さいごに

 

転職する際の本音と建て前は大切になります。

採用する側は今まで何人もの方と面接をしてこられたスペシャリストです。

短時間で相手の事を知るためにも面接での受け答えは重要になります。

 

少ない時間で好印象を与え、採用してもらうために、転職理由をしっかり述べ

転職活動が上手くいくことを願っています。

スポンサードリンク