スポンサードリンク

 

将来的に転職したいと考えていても、

30代に入ってからの転職は中々厳しそうと感じてしまう人も多いですよね。

そう思い20代で転職を考える人も多いと思います。

 

30代での転職は40代、50代と年齢を重ねていく上で、

人生設計に関わる大きなイベントになるので慎重になりますよね

そのような背景から30代で転職を考えている方も少なくはありません。

そんな悩みを抱えた方に30代で転職する際のポイントをご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

転職するなら知っておきたい!女性が30代で正社員になるには?

 

30代での転職で重視されるポイントは、即戦力としての「経験」「スキル」が重視されます。

転職の際に年齢制限などを気にされる方もいると思いますが、

30代だからこそ歓迎される職種や、未経験でも歓迎される正社員の求人もありますので、

自分のライフプランに合わせた就職活動をしましょう。

 

まずは転職する際に何を重視するか、

 

①プライベートとの両立

②家庭との両立

③キャリアアップ

 

などさまざまあると思いますが、まず自分が転職する上で何を重視したいかを

まず考えましょう。

 

 

転職活動する女性が取得しておきたい30代から役立つ資格7選!

 

 

転職する際に自分の中でこれだけは自信をもってアピールできるスキルを

持っていたいですよね。

そうしたスキルがある事によって企業側からも即戦力になると評価されます。

ここで30代の女性に役立つ資格7選をご紹介いたします。

 

事務系を考えているなら

①マイクロオフィススペシャリスト

②ITパスポート(国家試験)

 

経理事務などを目指すのであれば

③簿記検定2級以上あるのがポイントです。

 

外資系の企業を目指しているのであれば

英語の知識、ビジネス英語は必要になってきます。

④TOEIC800点以上目指しましょう。

 

家事と仕事の両立を考え、残業の少ない事務職はどの年齢からも人気な職種です。

そんな事務職に就くためにおすすめの資格は仕事の能力証明になる資格がおすすめです

 

実務経験があれば有利になる医療系の資格

⑤医療事務資格

⑥調剤薬局事務

⑦介護職員初任者研修

 

歯科助手、介護、医療事務などの資格は通信教育や、

通学生の学校で資格を取得することが出来ます。

医療事務の資格は未経験でも取得する事が出来ます。

資格はとりやすいのですが、就職する際には実務経験が重視されますので、

パートや派遣など短時間でもいいので経験した事があれば評価は高くなります。

介護系の資格は、今後役立つ仕事になりますね。

これからの日本は高齢化が進んでいく事から、介護士が常に不足している状態です。

介護初任者研修取得すると、介護福祉士、ケアマネージャーの資格と

キャリアアップに繋がっていくのでおすすめです!

 

さいごに

 

資格取得はかなりの勉強時間が必要になり、働きながら資格の勉強というのは

とても苦労しますが、その努力は評価されますので、諦めず頑張ってほしいなと思います。

転職に役立つ資格を取得し、次の職場に生かしましょう。

スポンサードリンク