スポンサードリンク

 

転職したら年収は下がるという事が一般的には言われていますが、

実際のところどうなのでしょうか?

 

自分のスキルを生かしたい、新しい職種をチャレンジしたい、

キャリアアップがしたい、現職から違う環境に身を置きたい

など転職する際は色んな事を考えますが、一番気になるのは

やはり「給料」ではないでしょうか?

 

転職する際も給料が下がったらどうしようと考え転職に踏み切れない方も

中にはいると思います。

そんな悩みを抱えた方に転職する際のポイントをご紹介いたします。

 

転職したら給料が上がるには?コツはあるの?

 

転職をする際にむやみに就職活動していてもお給料は上がりません。

そこで年収アップさせている人のやり方をご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

①自分のスキル、経験を確認する

 

仕事は数えきれないほど多くあり、その仕事も資格、経験、実績などによって

昇給のペース、基本給は変わります。

基本給が変わる事によって、ボーナスの額も変わってきます。

まずは、自分の得意分野の職種、即戦力となれる企業を探しましょう。

 

②複数の転職サイトに登録をする

 

さまざまな転職サイトによって、求人数や案件は変わってきます。

また企業の情報も手に入り、この転職サイトにしか載せないと

決めている企業もありますので、

複数の転職サイトに登録し、就職活動をしましょう。

 

③職務経歴書、自己PRはしっかり行う事

 

面接の前に多くの企業は書類選考に合格しないとなりません。

会社のHPや、求人の際のポイントを確認し、どういった人材が欲しいのか

どういったスキル、経験、実績を持った人を採用したいのかを確認し

自己PR、職務経歴書を完成させましょう。

 

 

ココだけの話!転職の面接時にOKな給料交渉のノウハウ教えます。

 

転職の際に年収などお給料の交渉はネガティブなものと考え、

働く事が出来るだけマシと考え給料の交渉をしない人が多いです。

その結果、年収のお話をしなかった人の転職の場合年収が下がったケースが多いです。

ここで面接時に希望の給料交渉のポイントを教えます。

ここで注意したいのは、未経験の職種の際に給料の話をするのはご法度です。

 

①転職前の年収を伝え、その年収に満足がいかなかった事をうまく伝える

②過去の実績を提示し、自分のスキル、経験が会社にとって

有益なのをうまく伝え交渉を成立させる

③希望年収を聞かれたら正直に答える

 

一般的には一次面接の際に人事担当の方から希望の年収はいくらか?と聞かれる事が

多いのでそこで妥協せず、自分のスキルをしっかりアピールし伝えるのがポイントです

 

 

さいごに

 

ビジネスマンとしてどんな時でも交渉事は柔軟に対応する事が重要になり、

それは面接の時から見られています。

なので、面接にたどりついた時から仕事はもう始まっているという気持ちで

転職活動臨みましょう。

みなさまの転職活動が上手くいきますように。

 

スポンサードリンク