スポンサードリンク

 

「大人の発達障害」って知ってますか?

私は知りませんでした。

 

・同じ失敗を繰り返す

・説明したとおりに仕事が出来ない

・自分の解釈で仕事をする

・仕事の段取りが出来なくて納期が守れない

・コミュニケーションが取れなくて人とトラブルを起こす

・遅刻が多い

 

上記のような部下がいたら、その部下は発達障害かもしれません。

 

発達障害の部下への仕事の教え方、仕事が遅いときの対処法など

解説します。

 

 

必読!発達障害の部下への仕事の教え方まるわかりガイド

 

発達障害は病気じゃなくて、その人の「特徴」なんです。

治療を受けたからといって完治する、しないの問題ではありません。

 

それを理解して部下に仕事を教えないといけません。

 

・説明は口で言う他に、文章で伝える。

・予定や手順などは、出来る限り見通しをつけて説明する。

・仕事の内容ごとに誰に相談するか決めておく。

・同じ仕事の場合は定期的に報告、単発的な仕事は終わった時点で報告させる。

・部下本人の、こだわりは出来る限り許してあげる。

・仕事以外での付き合いを軽くする。

 

などがあります。

とはいえ人によって症状、程度はさまざまなので周りの人の協力

本人の自覚は必要です。

 

人は誰にでも得意不得意があります。

発達障害の人は不得意を克服するのが人より苦手だと思って

本人の特徴をいかした仕事を担当してもらったほうが会社のためにもなるでしょう。

 

仕事が出来れば周りの評価が変わり、同僚とのコミュニケーションも

とれるようになります。

 

スポンサードリンク

ご安心を発達障害の部下の仕事が遅い時の対処法はこちら!

 

発達障害の人は、「仕事が遅い」「間に合わない」と言われことが多々あります。

決してサボっているわけではなく

自分でもどうしたらいいか分からないといったこともあります。

 

・手順のチェックリストを作り、終わったらチェックを入れる。

・1度にすべての指示をせずに、1つの指示が終わったら次の指示を出す。

・アラームなどで時間になったら知らせるようにする。

・周囲の人も予定を把握して声をかけるようにする。

・机や身の回りに仕事に必要ないものは置かない。

・集中できるように机に仕切りをつける。

・イヤホンなどで周囲の声に気をとられないようにする。

 

などがあります。

ですが、1人1人特徴が違うので対処法は異なる場合があります。

 

 

さいごに

 

近年、ストレス社会といわれ

色々な精神疾患が表面化してきました。

 

発達障害の人は精神疾患も患いやすいともいわれています。

自覚していないため、周りに理解されないのが何故だかわからない。

 

自覚していて、医師の診断も受けていてもやっぱり

身近な周りの人に理解されなければ辛いだけで辞めたくなってしまうかもしれません。

 

この部下は仕事が出来ないから、いっても無駄だからと

見放してしまう前に、もう1度仕事にやり方を変えてみてください。

 

仕事の出来ない部下は発達性障害かもしれません。

 

スポンサードリンク