スポンサードリンク

 

私が以前住んでいた部屋で、カビの掃除に困ったことがあります。

 

外との気温差が激しいのと、鉄筋構造のためか、

気密性が高いためか、部屋の窓にはよく結露が。。

 

気が付いた時にタオルなどで拭いていましたが、

きりがないんですよね。

 

いつしか、諦めモードになり、

 

「まとめて掃除すればよいか」と思うようになりました。

 

 

そして、月日は流れ。

 

窓のゴムパッキンには結露からできてしまった

手ごわい黒色のカビがびっしり!

 

さすがに「これは!」と思い、カビ掃除を始めるのですが。

 

 

正直、なかなか落とすのは大変でした。

 

 

カビの掃除に困ったら、一刻も早く掃除をはじめましょう!

 

スポンサードリンク

 

これで解決!窓のパッキンのカビ掃除はこうやるんです!

 

私が、実際試した窓パッキンのカビ掃除をご紹介します。

 

 

注意:

必ず、窓を開け換気してください。

 ゴム手袋とマスクをきちんとつけましょう。

 

 

使用したものは以下になります。

 

・塩素系カビ取り剤

・キッチンペーパー(なければティッシュ)

・ラップ

・ぞうきん(2,3枚)

・中性洗剤

・バケツ(水を入れておく)

 

 

窓全体の汚れをとります。

 

硬く絞った濡れぞうきんに、中性洗剤をしみ込ませ、

窓全体をクルクルと円を描くようにこすり洗いをします。

 

その後、もう一枚の濡れぞうきんで、洗剤と汚れを

拭き取っていきます。

 

きれいに拭き取れるまで、何回か続けてください。

 

水の入ったバケツでぞうきんを濯ぎ、汚れたら

水を取りかえてくださいね。

 

 

塩素系カビ取り剤について。

 

 

私が使ったのはこちらのカビキラーです。

 

 

まず、キッチンペーパー(なければテッシュ)

を縦に4等分切ります。

 

面倒であれば、5センチ幅くらいに丸めても大丈夫です。

 

パッキン部分に乗せ、その上からカビキラーを

濡れるくらいスプレーします。

 

 

ここからがポイントです!

 

すぐに上からラップをかけていきます。

 

キッチンペーパーの幅や長さより、少しオーバー気味が良いです。

 

カビキラーは蒸発しやすいので、すぐにかけてくださいね。

 

私は、キッチンペーパーが乾くまでそのままにしていました。

 

(結露がひどい部屋では、湿気もひどいため、もしかしたら

乾かないかもしれません。その際は、30分から1時間を目安に

してください)

 

1度で落ちなかった場合、再び繰り返せば徐々にきれいに

なりますよ。

 

そのほか、調べてみたところ、

ゴムパッキン専門のカビキラーをみつけましたので

ご紹介しますね。

 

・ゴムパッキン用カビキラー

詳しくはこちらよりご覧くださいませ。

 

 

 

更にお得情報!窓の結露対策でカビ掃除が簡単にできる!

 

 

カビ掃除いかがでしたか?

 

窓のパッキンは、きれいになりましたでしょうか。

 

再びカビに覆われてしまわないように、

今度は結露対策をしてみましょう。

 

結露と上手につきあって、カビ掃除を簡単にできる

お得な情報をお知らせします。

 

 

◆こまめな換気

 

こまめな換気なくして結露は防げませんよね。

 

まず、換気を念頭に置きながら、次の情報を

参考にして頂ければとおもいます。

 

◆扇風機を回す

 

窓に扇風機があたるようにすると、結露になる前に

空気が循環して、温度も一定に保たれるため効果的です。

 

◆除湿機

 

わが家も愛用しています。

 

水がどんどん溜まっていく様子がみてとれますよ。

 

若干風が温かいので、冬場はちょっとした暖房代わりに

なりますが、夏は冷房と組み合わせた方が良いですね。

 

◆結露防止テープ

 

窓枠などに貼り、結露の水を吸水して素早く蒸発させます。

 

素早く蒸発させることにより、カビの発生を防ぎます。

 

ネットで購入できますが、100均にも売っていますよ。

 

デザインも、シンプルなものから花柄、動物の絵柄など

素敵なデザインも揃っているので、窓枠のおしゃれにも

どうぞ。

 

◆断熱フィルム

 

綺麗に貼るためにはちょっとしたコツが必要になるかも

しれませんが、窓全体に貼るので高い効果が期待できます。

 

注意:

購入する時は、窓全体のサイズを測ってからにしましょう。

 

 

<参考にどうぞ>

 

◆ニトムズ

 

断熱フィルムや断熱シート(クリア・デザイン)

など種類も選べます。

 

ホームページには、動画での説明もありますので、

スムーズに貼ることができますよ。

詳しくはこちらになります。

 

 

◆結露防止スプレー

 

スプレーするだけと、とっても簡単なので、

「シートを貼ったりするのは面倒」と言う方は

一度試してみてはいかがですか?

 

 

◆寒い暑いその時

 

スプレーすると、膜ができ、室内の温度に対応して

窓ガラスは曇った状態でストップし、水だれを

抑えてくれます。

詳しくはこちらをご覧くださいませ。

 

さいごに

  

 

部屋のカビ、とくに窓のパッキンに付くカビは、

年季が入るほど落としにくくなり、時間も

かかります。

 

原因となる結露にならないようしっかり

対策をしたいものです。

 

こまめに換気をして、空気を循環させましょうね。

 

また、

お得情報でおしらせしたアイテムを

いくつか組み合わせてみると

効果もあがりますよ。

 

ぜひ、お試しくださいませ!

 

 

スポンサードリンク