スポンサードリンク

 

結婚式の二次会って参加するときに何を着たらいいのか悩みませんか?

「平服でどうぞ」って書いてあるけど「平服って?」って思いませんか?

 

今回は、「平服」と二次会のドレスマナーについてお伝えしていきます。

 

まずは「平服」ですが、「フォーマル服」と「普段着」の間ですね。

改まった場所に出ても恥かしくない服装ということです。

 

服装に正式な決まりはありません。

二次会の会場の場所によって服装を選ぶと浮かなくて良いでしょう。

 

ドレスマナーとしては、新婦より目立ってはいけません。

結婚式でも同じですが白い服装は避けましょう。

白い色は新郎新婦の色になるのでNGです。

 

そしていくらカジュアルな服装が大丈夫とはいえ、Tシャツ・ジーンズ

タンクトップ・ミニスカートなど「休日の服装」は、ふさわしくありません。

 

ではここで、会場別について解説していきますね!

 

スポンサードリンク

オシャレ系会場

シンプルで膝下丈のセミドレスにショールを羽織るなど

肌の露出は控えめにしましょう。

 

編みタイツや黒のストッキング、つま先の開いた靴、サンダルは

避けてくださいね。

 

レストラン・洋風ダイニング会場

「おでかけスタイル」であれば、柄のワンピースはOKです。

またはパンツスーツなど着てもスタイリッシュになります。

 

ただ、「おでかけスタイル」でも綿素材はセミフォーマルに入らないので

避けましょう。

ブランド品だからといってスニーカーもNGです。

 

カラオケBOX・ライブハウス・居酒屋

多少砕けた感じの服装でも大丈夫ですが、夏でもタンクトップ

キャミソールは場違いになってしまうので避けましょう。

Tシャツもカジュアルすぎるので避けるべきでしょう。

 

そして、オールシーズン素足は許されません。

 

 

結婚式のバックって??マナー的に何が大丈夫なの??

結婚式のバックは、派手なロゴ入りやカジュアルなバック

大きすぎるバックはNGです。

ファーや皮革製品は殺生をイメージさせるため、これらもNGです。

 

じゃあ、どんなバックを選べばいいのでしょう?

マナー的に大丈夫なバック選びのポイントを紹介します。

 

・ドレスや靴に合わせる

実際に着るドレスと合わせて買うとき、もしくはレンタルするときに

一緒に決めてしましましょう。

 

ドレスに合わせやすい色は

黒・シルバー・ゴールドなどは、どんなドレスの色でも合わせられます。

 

靴や羽織物と同じような色にしてもバランスが良く

全体的に一体感が生まれますよ。

 

・財布と最低限の荷物が入るバック

必要最低限(長財布・ご祝儀・ハンカチ・ティッシュ・携帯

デジカメなど)が入るバックを選びましょう。

 

あくまで少し大きめのバックです。

 

・ハンドバックとクランチバック

クラッチバックは手に持つタイプなのでスマートかつオシャレに

見えますが、手があかないので不便なときもあります。

 

ハンドバックは持ち手があるので腕に掛けることもでき

手が自由に使えるので便利です。

 

・バリエーションを出す

結婚式に招待されるたびにドレスを買うのは大変です。

バックや小物で変化を出しましょう。

 

・冠婚葬祭に使える素材を選ぶ

黒のシフォン素材のバックを選んでおくと

冠婚葬祭で使えますよ。

 

 

結婚式にお呼ばれ!!早速考えたいネイルマナー

 

結婚式でのネイルマナーって知ってますか?

挙式から参加するのか、披露宴から参加なのか

または二次会から参加なのかによってデザインできる

許容範囲が変わるんです。

 

心がけることは、清楚で清潔感があるネイルにすること。

キャラクター・色が派手なもの・ラインストーンが付きすぎてる

爪自体が長すぎるなどは避けてください。

 

・挙式

清楚で清潔感のあるデザイン

色はベージュかクリア、薄いピンクなどがいいでしょう。

ご親族や職場の上司の方に対して失礼がないように清潔感を出すのが

重要です。

 

・披露宴

挙式よりは少し華やかでも大丈夫です。

ご親族や会社の上司の方なども出席されることを考えてデザインを

選びましょう。

 

・二次会

最近の二次会はカジュアルなパーティーが多いので

マナーは特にありませんが、新郎新婦を不快な気分にさせないよう

気をつけてください。

 

 

さいごに

 

いかがだったでしょうか?

結婚式ってお呼ばれするのも大変ですよね~

 

お祝い事だから恥ずかしくないように出席して

気分良くお祝いしたい!ってあなたに参考になればと思います。

 

スポンサードリンク