スポンサードリンク

 

結婚式の招待状が届いたら、まず考えるのはご祝儀でしょうか?

私はご祝儀の袋とか金額とか考えちゃいますね。。。

 

でも、どうしても仕事の都合で出席できない場合

どうしたらいいのか知ってますか?

 

 

結婚式のご祝儀にも入れ方があるって知ってた??

 

ご祝儀って「新札」を用意しなければならないのは知ってますよね。

その他にもいろいろなマナーがあります。

 

その中で入れ方にもマナーがあります。

 

今は、市販のご祝儀袋を買うことが多いでしょう。

市販のものには中包みや中袋が付いているので

お札を入れたら元に戻すだけで大丈夫です。

 

そして、重要なのは入れ方ですね。

 

内袋の表とお札の肖像画が描かれている方を合わせます。

肖像画が最初に出るようにして入れるのがマナーです。

 

裏返しにならないように、最後にチェックしてくださいね。

 

もうひとつ注意!

うっかり入れ忘れがないようにしましょう。

 

ご祝儀は強制されない善意のものです。

お金が入っていなくても言いづらいですし

その後の付き合いのも影響が出てしまうかもしれないので

念入りにチェックしましょう。

 

上包みの折り方も間違えると大変です。

重ね方を逆にしてしまうと「不祝儀袋」になってしまいます。

袋の上の折り返しに下の折り返しを重ねて包みます。

 

スポンサードリンク

 

結婚式を欠席する時は?ご祝儀に関するお約束

ここでパターン分けでご紹介いたします!

 

◆招待状に欠席の返事をした場合

出席した時に包む2分の1から3分の1の金額

または相当額のお祝いの品

を送るのが良いとされています。

 

【送る時期】

挙式当日の1~2ヶ月前、最低でも1週間前までに送りましょう。

現金書留にご祝儀袋とお祝いの手紙を入れるといいです。

 

◆招待状に出席と返信してからの欠席

返信はがきが新郎新婦の手元に届くころには

式の準備も最終段階でしょう。

一人でも欠席が出れば、状況も変わります。

欠席が決まり次第、早く電話でお詫びをします。

 

欠席の理由は、仕事ならば正直に伝えます。もし不祝儀ならば

「どうしても都合がつかない」など曖昧に伝えましょう。

 

【ご祝儀の金額と送る時期】

1~2週間前までなら、料理や引き出物のキャンセルがきくので

出席していたら包む予定だった金額の半分程度

式が行われる前までに送ります。

 

結婚式直前になるとキャンセル料が発生します。

新郎新婦の負担にならないように出席していたら包む予定

だった金額を包みます。

式に間に合わないようなら早めに送りましょう。

 

◆当日に急に欠席する場合

この場合、連絡するのは新郎新婦ではありません。

直接、式をする会場に連絡します。一緒に参加する友人に連絡するでしょうが

必ず自分で式の担当スタッフ、式場のスタッフに連絡を入れます。

 

【ご祝儀とお詫び】

当日の欠席は、すでに準備が完了しています。

当然ですが包む予定の金額を送ります。

 

新郎新婦の生活が落ち着いたころにご祝儀とお詫びを

直接、渡せればいいですが

できない場合は現金書留でも大丈夫です。

 

 

さいごに

 

せっかく結婚式に招待されたのに、当日みんなでお祝い

できないのです。

だから、ご祝儀だけでなく電報を当日会場に打ちましょう。

 

できる限りオリジナルの文で、お祝いとお詫びの気持ちで

贈ってください。

 

 

結婚式、なるべくなら出席する方が良いに決まっていますが

やむを得ない欠席は仕方ありません。

 

自分のお祝いの気持ちが、ちゃんと伝わるようにしましょう。

 

スポンサードリンク