スポンサードリンク

 

はじめて結婚式にご出席される時って、少し不安になりますよね…?

 

そして、おめでたい席ですので、新郎新婦に

沢山のおめでとうを伝えたいものですね。

 

また、

出会いも待っているかもしれません。

 

もちろん女性との出会いです。

 

調べてみると、男女約4割が友人や知人の結婚式での出会いを

期待しているのだそうです。

 

誰かが恋愛のアンテナをピンと張っているかもしれませんよ。

 

ここは、男性として絶対に恥をかくわけには

いきませんよね。

 

そのために、結婚式での服装やマナーを

いまここで、覚えてしまいましょう!

 

スポンサードリンク

 

結婚式マナー ~服装編~

 

基本はブラックスーツです。

冠婚葬祭で着られるタイプの物です。

 

20代でしたらシングルが良いかと思います。

ダブルだと若干、年齢オーバー気味の雰囲気が。

ネクタイは白が基本です。

 

黒のネクタイはやめてくださいね!

お葬式で身につける色のネクタイなので。

不吉です。

 

「俺、まだ若いからもう少しアレンジを

加えてみたい」とお思いの気持ちわかります。

 

では、マナー違反にならず、しかも人とはちょっと違う

個性を出してみましょう!

 

まずスーツから。

 

濃紺や、濃いグレーなどの落ち着いた色が

最近の人気です。

 

細身でタイトなシルエットが

スタイル良くみえておしゃれです。

 

生地は無地がよいでしょう。

柄はシャドウストライプまでです。

近くに寄って気が付く程度がよいですね。

 

次にシャツですが、やはり白をベースにした方が

良いかと思います。

襟はレギュラーカラーがベストです。

 

ネクタイについては、

個性を出すチャンス到来です!

 

先ほど白が基本と書きましたが、最近はカラーネクタイの

方も増えてきました。

 

結婚式の必須アイテムであるポケットチーフと同じ色で揃えると、

統一感が出て、スッキリとみえます。

 

派手な柄ではなく、原色ではなく、品のよいネクタイを選ぶのが

ポイントです。

 

例えば、定番であるストライプやチェック柄。

光沢ある生地のネクタイもおすすめです。

 

他に、ネクタイピンやカフスなどのアイテムを使って

個性を出せれば、もうあなたは上級者です。

 

(ただし、新郎よりも派手な物にならないように気をつけましょうね。)

結婚式マナー ~靴編~

 

結婚式での服装のマナーはご理解いただけましたか?

 

では、次に靴編といきますが、

その前に。

 

「おしゃれは足元から」という言葉を

聞いたことはありませんか?

 

私も実は、男性をみる時つい足元をみてしまいます。

 

その人が履いている靴はその人の人格そのものを

表すものである

 

イタリアのことわざです。ストレートな表現ですね。

 

きちんと磨かれていなかったり、汚れていたり

しては、どんなおしゃれも意味はありません。

 

足元を最高に綺麗にして完成させましょうね!

 

前置きが長くなりましたが、

 

結婚式にふさわしい靴はひも付きの

内羽根式ストレートチップです。

 

色はです。

 

カジュアルな結婚式では茶色までOKですが、

基本は黒色です。

 

この靴の特徴は、つま先部分に一文字の縫い目ラインが

横につながっていること。

 

もっともフォーマル度の高い靴で、モーニング着用の際

履く靴でもあります。

 

手入れ次第で長持ちするので、是非この機会に

一足持っておくと良いでしょう。

 

クロコダイルなど動物の殺生をイメージさせる

デザインの靴は、結婚式では縁起が悪いとされNGです。

 

他ブーツ、スニーカーやサンダルです。

 

派手な色もご法度です。

 

内羽根式ストレートチップですが参考までにご紹介しますね↓↓↓

さいごに

 

結婚式に、初めてお呼ばれされて緊張されているかもしれませんね。

スーツや靴などは一度きちんと用意しておけば、

この先また、ご友人などの結婚式に出席される時

重宝しますよ。

 

服装をバッチリきめたら、髪型や身なりにも

気をつけましょうね。

 

髪は整えましたか?

爪は切ってありますか?

ヒゲはできれば綺麗に剃りましょうね。

 

あくまでも主役は新郎新婦ですので目立たない程度に

マナーをきちんと守り

おしゃれを楽しんでくださいね。

 

そして、お祝いの気持ちを胸に笑顔を絶やさず

出席なさってください!

スポンサードリンク