スポンサードリンク

 

思わず肩に手をあててしまう肩こり。

そんな状態になってしまったら、

自分の手のひらでマッサージをしても中々解消しないかもしれません。

それは肩こりが起きている箇所だけ対策しているからなのです。

 

肩こりを引き起こしているのは頭、首、胸、背中、腰などの部位によります。

そこをトータル的に対処しないと根本的に解消しないのです。

そこでここでは、肩こり解消のストッレチをご紹介いたします。

スポンサードリンク

時間のないアナタ向けの肩こりストレッチ!寝ながら出来るよ!

 

仕事で疲れてストレッチをするのも辛い時もあると思います。

そんな時に寝ながら出来るストレッチ方法をここではご紹介します。

 

首、肩、背中の緊張を和らげるストレッチ

 

仰向けになり、両膝を立て、腰幅分足を開きます。

腕を組み、手で両側のひじを包み込むようにつかみます。

組んだ腕を胸の前にセットし、組んだ腕ごと円を描くように回します。

回しやすい方→回しにくい方→回しやすい方の順でやってみてください。

 

 

まだまだあります!肩こりストレッチ・簡単エクササイズまとめ

 

ここでご紹介するストレッチはオフィスや、自宅の椅子で座ったままできる

簡単なストレッチをご紹介します。

 

①鎖骨周りをほぐす

肩こりの人に多いのは鎖骨下、胸上の部分が緊張している状態です。

そこでここのストレッチをすることで

緊張をほぐす事ができるのでおすすめです。

 

自分の指先や手のひらを使って揉みほぐし、

15秒ぐらいずつ両側やっていきます。

2セットほどやるのがおすすめです。

 

②首の前倒しストレッチ

首を前に倒し、一度頭を起こし、両手を後頭部で組み

少しずつ力を加えながら深く倒します。

息を吐きながら、おへそをのぞきこむようにしましょう。

 

5秒数えたら、力を抜きながら頭を元の位置に戻し、少し反るようにします。

これを3回ほど繰り返しましょう

 

③首の横伸ばしストレッチ

手を腰の後ろの所で組み、そのまま右脇腹のところに出し、

前からこぶしが見えるようにしてください。

 

右ひじは羽のように広げましょう。

その状態で顔を右に倒し、リラックスしながら左の首筋にストレッチ感を感じましょう。

 

10秒たったら、顔を垂直に戻し、その大成のまま右に顔を向けてください。

10秒カウントしたら正面に戻します。反対側も同じようにやりましょう。

 

さいごに

 

肩こりを引き起こしてしまうと、

日頃の日常生活や、仕事中にも支障が出てしまうので注意が必要です。

ここでは椅子に座りながら出来るストレッチなどをご紹介いたしましたので、

お昼休みや、自宅で空いた時間などを使って試してみてください。

みなさまの肩こりが少しでも楽になりますように。

 

スポンサードリンク