スポンサードリンク

 

デスクワークなど仕事で忙しい人は肩こりが辛いですよね?

そんな肩こり、放置してしまうと、めまいや、頭痛、吐き気などの症状が

出てくる事があります。そんな症状が出てきたときには注意が必要になります。

ここではそんな肩こりについてご説明いたします。

 

必読!肩こりや頭痛に効く漢方薬パーフェクト講座

スポンサードリンク

 

慢性的な肩こり、寒い時期や、デスクワークの際や、日頃の疲れから

肩こりで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

肩こりの原因は、肩の筋肉がこわばったり張りを感じたりする症状です。

 

四十肩や五十肩は痛みが強く、腕を上げたり背中に腕を回したりすると

関節に痛みが走ります。

 

漢方薬はコリや痛みを広く肩の症状として捉え、体質を改善する事を考えます。

肩こりや痛みの主な原因は血行不良です。

 

またストレスによるものや、目の疲れ、身体の冷えなど「血のめぐり」が悪くなると

肩こりや、痛みが起きてしまうのです。

そこでおすすめの方の選び方は症状に合わせて漢方を選びましょう。

 

 

①葛根湯

よく名前を聞く漢方です。

風邪の際に飲まれる方も多いのではないでしょうか?

葛根湯は頭痛や肩こり蕁麻疹など広く使用されています。

首から肩にかけて強く肩こりがあり、

頭が重く感じる頭痛がある方には葛根湯がおすすめです。

身体の冷えや筋肉が硬直し肩こりを起こしている際にもおすすめです。

 

②当帰芍薬散料

冷え性、貧血の傾向があり、月経異常、更年期障害を伴う

肩こりに効果があります。

肩こり以外に、体力虚弱、冷え性、貧血、疲れやすい方、

産前産後の貧血、労倦怠感にも効果がるといわれています。

 

③桂枝茯苓丸料

体力はあり、便秘や貧血の傾向もないが、足などの冷えはあり、のぼせぎみで

肩こりがある方におすすめの漢方です。

めまいや、頭が重く感じる、月経不順、月経異常、更年期障害の方にもおすすめです。

 

 

【大公開!】自分でできる!肩こり・頭痛解消法セレクト5!

仕事や自宅にいる際に急な肩の激痛を感じる事はないですか?

肩こりが悪化してくると、

仕事に影響が出てしまう生活している中でも辛いですよね…

そんな時に自分で解消できる方法をご紹介いたします。

 

①首の筋肉をもみほぐす

首の筋肉をもみほぐす事で、

血液の循環が良くなり、頭痛を解消していきます。

頭痛が伴う肩こりは首回りの筋肉が凝り固まっている事が多いのです。

 

②長時間同じ姿勢をとり続けない

頭痛が伴う肩こりが起こるのは、疲労物質による血行不良で、

ここから痛みが発生しています。

これを予防するためにも、仕事中の1~2時間に1回は

ストレッチをしてリフレッシュしましょう!

 

③意識し姿勢を正す

姿勢は肩こりに大きく影響します。

猫背などは無意識に肩に力が入り、

負担がかかっているので注意が必要です。

 

④睡眠不足解消

睡眠不足は疲労物質とストレスを体に蓄積させます。

疲れが溜まっている時は上質な睡眠をとり、

しっかり休息をとりましょう。

 

⑤ストレスを溜めこまない

ストレスが溜まってしまうと、疲労だけではなく、冷えも起こしてしまいます。

冷えは肩こりに大きな影響を与えますので

ストレスをうまく発散し肩こりを予防しましょう。

 

さいごに

 

肩こりを起こさないためにも日頃からの体のケアをしっかりし

頭痛などが起きない体作りを心がけましょう!

 

スポンサードリンク