スポンサードリンク

 

結婚式に招待されると、用意しなければいけないのが「御祝儀」ですよね。

 

社会人ならば知っていて当たり前のことですが、

いざ用意しようとすると、金額はいくらぐらい包むものなのか

迷ってしまうこともあります。

 

周りには恥ずかしくてなかなか聞けないことです。

今回は、そんな結婚式のご祝儀相場について見ていきましょう!

 

結婚式のご祝儀の相場って??

 

スポンサードリンク

ご祝儀の相場は、親族と親族以外の友人・会社関係で金額が分かれます。

 

★友人・会社の同僚・先輩・後輩の場合

20代~50代の人まで相場は3万円が一番多いですが、

これは結婚披露宴に招待されたときの金額です。

結婚式をしない人や、親族だけでする場合はまた金額が変わってきます。

 

★家族・親戚

家族(兄弟・姉妹)は、5万円が相場です。

ですが、妹や弟が成人していて社会人として働いている場合の相場ですので、

まだ学生だと金額は2万円、または祝儀なしということもあります。

 

親戚(叔父・叔母)の相場は5万円~10万円と金額に幅があります。

付き合い方や親戚の関係性により多少変わります。

従妹の相場は3万円ですが、こちらも社会人として働いている場合です。

まだ学生の場合はご祝儀というよりも、

披露宴の食事代として(親が)2万円用意するのが礼儀でしょう。

 

結婚式のご祝儀の相場って??友人ならば…

 

 

友人へのご祝儀は、結婚披露宴に招待された時の相場は3万円ですが、

いろんな形式の結婚式がありますので、ご祝儀は3万円とは限りません。

 

海外で挙式をして簡単な披露宴をかねた二次会をする人もいます。

その場合は会費制で開く人が多いです。

こういった場合はご祝儀と会費と両方用意するのか、

会費だけで済ませるのか…ということになります。

 

会費制の披露宴もしない・結婚披露宴に招待されていない時の相場は2万円ですが、

付き合いの長さや新郎新婦との関係性などで1万円ということもあります。

結婚のご祝儀のマナーとしては、渡すお金の数は「奇数」が基本です。

ですので、会費制の披露宴や結婚披露宴には招待されていないけれど、

ご祝儀を2万円包む場合は、1万円札と5千円札2枚で用意するといいでしょう。

 

さいごに

ちなみに私は、結婚披露宴をして友人からはお祝い3万円いただきました。

私の後に結婚した友人は、この会費制披露宴をしていましたが

私はご祝儀を2万円と会費は別で用意し、

それとは別に他の友人たちと一緒にプレゼントも用意しました。

まだ結婚をしていない他の友人たちはご祝儀1万円と別で会費を用意していました。

 

結婚披露宴に招待すると、特に女性の場合は

ドレスや髪のセット、着物で来てもらう場合は着付けなど、

他にも出費がかさみます。

朝早くから準備してもらうことになりますので、

自分のためにかけてもらった気持ちと時間を

踏みにじるようなことだけはしてはいけないと思い、

同じだけお祝いをしました^^

 

友人のご祝儀は結婚披露宴をする・しない、

または先にお祝いをしてもらった場合や後からお祝いしてもらう場合で

金額が変わってしまいます。

 

相場はあくまで目安と考えておくといいでしょう。

ご祝儀は「気持ち」とも言いますので、

仲の良い友人であれば金額も気持ちも精一杯こめてお祝いしてあげましょう!

 

スポンサードリンク