スポンサードリンク

 

結婚式や、パーティー、会社内での食事の際の席順の意味を

しっかり理解していますか?

席順や席次には、目上の方や、年長者の方に対する敬意や、

お客様に対するおもてなしの心が込められているのです。

そこでここでは、食事の際の席順のマナーについてご説明いたします。

 

席順マナーがあるって知ってた!? 食事の際の注意事項

 

席順には、一般的に上座と下座があります。

自分が座る位置から見て目上の人や、年長者の方への敬意の気持ちや、

お客様へのおもてなしの心使いが込められています。

そこでどういった場所が「上座」で「下座」なのかをまずご説明いたします。

基本的に自分が座るのは、「下座」になります。

ただし進められた場合は指定された席に座るのが

マナーになっています。

自分が相手を招待する場合、お客様は上座にご案内しましょう。

 

上座と下座の場所ですが、ドアから遠い場所が「上座」になります。

ドアから近い場所は下座になります。

和室の場合、ふすまから遠い場所が「上座」となり、

ふすまに近い方が「下座」になります。

 

床の間のある和室の場合、床の間の前の席が最上位の席になります。

円卓での席順は、入口から遠い方が「上座」になり、入口に近い方が「下座」になります。

「上座」から見て、左→右、左→右と入口に向かい「下座」になるのです。

スポンサードリンク

席順マナーでの左右って何?何が違うの??

 

上座と下座は聞いた事があるかもしれませんが、実は、左右にも意味があるのです。

これを「左上右下」(さじょう・うげ)と言います。

これは日本の伝統礼法の一つで、「左を上位、右を下位」とするしきたりなのです。

ここでポイントなのが、どちら側から見て、右なのか左なのかですが、

これは、自分達側から見た方ではなく、ひな壇、議長席側から見た方向になります。

 

会議の際の席で上座、下座というのは、一番奥にある議長席が上座になります。

議長席から近く、入口から遠い方が2番目、その向かい側が3番目になります。

こういった形で、議長席を中心に、左右交互に席順が並んでいくのです。

会議室だけではなく、応接間などにお客様を招く際は、

一番役職の高いお客様は入口から離れた中央の席に、着席していただきます。

その他の方は、左右に順次に座っていただきます。

 

ビジネスのこういった場合は、お茶やコーヒーを出す際も

上座の方から順番に配っていくので

しっかり上座と下座の配置は理解しておきましょう。

 

さいごに

 

ビジネスシーンでの上座、下座を間違ってしまうと、

会社の印象にも左右しかねないので

上座、下座の知識は席順、お茶出しの際のマナーなど

気を付けていきましょう。

スポンサードリンク