スポンサードリンク

 

普段食卓で食事をとる際のマナーを気にしていますか?

普段から意識していないと、いざ上司の方や親戚で集まった際の食事の際に

意識しようと思っても普段から習慣がついていないとうまく出来ません。

そこでここでは、食事の際のマナーご紹介いたします!

 

食事マナーの基本!~和食編~

 

和食で大切なのは、やはり「箸」の持ち方ではないでしょうか?

お箸の持ち方で育ちなども分かるとも言われているぐらい「お箸」の持ち方は

とても大切なのです!そんな和食のテーブルマナーについてここではご説明いたします

 

和食の作法でとても大切になるのは、お茶碗やお椀は手でしっかり持って食べる事です。

また、和食の席では、料理の空間上を妨げてはいけませんので、箸などは、器の上に、

置かず、箸置きの上にきちんと置きましょう。

 

和食の食べ方の基本ですが、和食の盛り合わせ料理は左側から右側にかけて

味がだんだん濃くなるように盛り付けられていますので、

左側から順に食べるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

食事マナーの基本!~洋食編~

 

家で洋食を食べる際にテーブルマナーを意識するということは少ないのではないでしょうか?

いざパーティーやレストランでの食事をする際に洋食を食べる時、迷ったりしないですか?

そこでここでは、洋食のテーブルマナーについてご紹介いたします。

まずは、ナイフやフォークの持ち方ですが、人差し指はナイフやフォークの背に向けます。

スプーンは鉛筆を持つ時の持ち方で大丈夫です。

左手にフォーク、右手にナイフを持ちます。

 

コース料理など食べる際に、何種類ものフォークとナイフなどが

並べられてある事がありますが、この場合、

両外側から順番に使っていきましょう。

 

スープを飲むときは、一番外側にあるスプーンを使います。

飲む際に暑くて「フゥー」と息を吹きかけ冷ますのはマナー違反になりますので

注意が必要になります。

 

メインの食べ方は、フォークで刺し、ナイフで一口サイズに切り、食べるようにしましょう。

食事中にナイフやフォークを置きたい時は、カタカナのハの字の形に置きます。

その際はフォークの背は上向きにし、ナイフの刃は自分の方に向けます。

 

さいごに

 

ここでは簡単に和食、洋食の際の基本的なマナーについてご説明いたしました。

他にも細かくお食事のマナーはあります。

食事をする際にキレイな食べ方が出来ないと、恥ずかしい思いもしますし、

周りの方も、一緒に食事をしていてキレイな食べ方が出来る方には一目置きます。

食事のマナーは社会人としてしっかり身に付けたい事でもありますので、

ぜひ正しい食事マナーを身に付けれるようにしましょう。

スポンサードリンク