スポンサードリンク

 

レストランやパーティーに参加すると、ナフキンを目にする事はありますよね?

いざそれを使うとなった時に正しく使えますか?

ナフキンがある時に、自分の持っているハンカチやティッシュを使うのは

マナー違反なのを知っていました?

そこでここでは、テーブルマナーのナフキンの使い方についてご説明いたします。

 

テーブルマナー講座 ナフキンの使い方 ~中座のときは?~

 

レストランや、パーティー、結婚式など、料理を食べる際に使うナフキン。

中座の時にもマナーがあるのをご存じでしたか?

そんな中座の時のマナーについてご紹介いたします。

まず、こういった外で食事をする際お手洗いなどで、

席を立つ際ナフキンをどうするかというと、

「椅子の上に置きます」これが中座のサインになります。

 

トイレなどで席を立つ時は、ナフキンの真ん中を持ち、三角形にして椅子の上に

置くようにしましょう。こうすることで、食事はまだ続いているという意味になります。

使用している部分は中に折り、見えないようにするのがマナーになります。

 

また食後の際にナフキンを最後どうするかというと、

角同士を合わせないようにし、軽くたたんでテーブルの上に置くのがマナーになります。

これは、ナフキンを畳むのを忘れるぐらい美味しかったよという意味になります。

食後にキレイにナフキンをたたむというのは「料理が美味しくなかった」という

意味になりますので注意が必要になります。

または、椅子の背もたれの所にナフキンをかけるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

テーブルマナー講座 ナフキンの正しい使い方

 

レストランなどで出されるナフキンっていつ何のために使うかご存じでしたか?

ナフキンの目的は大きく分けて2つありまして、

1つ目は「食事の際に衣服を汚さないようにするため」

2つ目は「口元の汚れを拭くため」となっています。

 

 

そして次に使い方ですが、ナフキンは、オーダーが済み、

食前酒や前菜がくる前に膝の上にのせましょう。

まずナフキンを広げる際は、少しずつずらし、二つ折りにします。

輪になった方を手前にし、膝の上にのせます。

口元を拭く際ですが、二つ折りにしたナフキンの内側部分を上手に使うようにしましょう。

 

ナフキンを使う際の注意点ですが、ナフキンを取り忘れない事や、ナフキンを使わない

といったことはマナーとして恥ずかしい事ですので注意が必要になります。

 

さいごに

 

ナフキンの使い方についてご紹介いたしましたが、いかがでしょうか?

意外に知らない事などがまだまだたくさんあり、テーブルマナーは細かくたくさん

あるのでとても勉強になります。

社会人として、テーブルマナーもぜひ身に付けておきたいものですよね?

ここでご説明したことが少しでもお役に立てたらいいなぁと思っています。

スポンサードリンク