スポンサードリンク

 

料理を始めたばかりの方にとって包丁の使い方は、

切り方ってなにをどうしたら良いか分からなくて困りますよね?

これから料理を頑張りたいと思っている方に必見です!

ここでは包丁のさまざまな切り方についてご紹介いたします!

 

料理は基本が大切!包丁の切り方の種類

 

料理をこれからチャレンジしようと思ったらまず初めに覚える事といえば、

包丁の使い方、切り方になりますよね?

そこでここではまず色々な切り方についてご紹介いたします。

 

①基本中の基本、「輪切り」

切り口が円形のものを小口から一定の厚さで切ります!

料理によって厚さは調整しましょう。

 

②「半月切り」

円筒の食材を縦半分に切り、小口切りにします!

やり方は、輪切りを半分に切っても大丈夫です。

 

③一度は聞いた事のある「いちょう切り」

円筒の材料を縦4等分に切ってから、小口切りにします。

形がいちょうの形に見える事からいちょう切りと呼ばれるようになりました。

 

④「乱切り」

手で材料を回しながら小口から斜め切りにしていきます。

 

⑤きんぴらごぼうなどを作る際の「笹掻(ささがき)」

ごぼうや人参などを、鉛筆を削るように、薄く削ぎ落とす切り方です。

 

⑥キャベツなどサラダに「せん切り」

そぎ切りや、かつらむきした材料を重ねて細く切ります。

 

⑦たまねぎなどを切る際の「みじん切り」

細かく刻む切り方です。食材によって大きさは調整します。

 

ここでは料理を作る際によく耳にする切り方を簡単にご説明いたしました。

もしよろしければ、お試しください。

 

スポンサードリンク

お店にあるみたいにできちゃう!パンの包丁での切り方

 

お店で売っているパンはパンの断面までキレイに切れていて

美味しそうに見えますよね?

いざ家でパンを切ってみると中々キレイに切れなかったりしますよね?

パンの切り方で悩んでいる方にここでおすすめのパンの切り方をご紹介します!

 

1.パンを切る際におすすめのポイント!包丁に熱いお湯をかける

熱いお湯の中に包丁をつけておくと、

パンに含まれている油分が包丁の熱で溶けて柔らかくなるので

パンを切りやすくなります!

2.切る際に下に力は入れず、横に大きく動かしながら切る

下方向に力を入れて切ってしまうと

パンがグシャグシャになってしまう可能性がありますので、

切る際は、横に大きく動かしながら切るのがおすすめです

 

さいごに

 

包丁は料理をする際毎日使いますし、毎日使うからこそ、正しく使いこなしたいですよね!

切り方を間違ってしまうと、包丁も傷んでしまう事もあるので、

正しく大切に包丁を使ってあげましょう。

ここで参考にした切り方を参考に毎日のお料理を楽しくしましょう。

スポンサードリンク