スポンサードリンク

 

洗濯ってなんとなく済ませてしまう方も多いのではないでしょうか?

そんな方はあまり気にしなかった洗剤の性質や洗濯の仕方を

見直す事でより効率的に綺麗にできるチャンスです。

この記事を参考に一度自分にあった洗剤を探してみましょう。

これで今日から洗濯名人!正しいやり方と洗剤の選び方

 

洗剤には大きく分けて3種類あります。

1.弱アルカリ性

頑固な落ちにくい汚れを落としたいなら弱アルカリ性がオススメ。

中性より汚れが落ちやすく白さを保ってくれます。

また洗濯機で回しただけでは落ちないような汚れを落とす為に、

直接衣類に洗剤を付けて落とす場合にも効果を発揮してくれます。

 

2.中性

弱アルカリ性よりは劣りますが十分汚れは落としてくれます。

普段のそこまで頑固ではない汚れなら問題なく対応できる洗剤です。

弱アルカリ性よりは衣類へのダメージが少ないのでとても普段使いしやすい洗剤です。

 

3.デリケートな衣類用

ドライマークの物を洗う時に使用する洗剤です。

とことん衣類のダメージを少なく色あせ等もしにくいです。

その代わり汚れを落とす効果は弱まるので普段に使うのはオススメできません。

 

ちなみに柔軟剤の場合はあまり差がないと言われています。

ですが効果的にはあまり分からなくとも香りは様々な種類があります。

柔軟剤を使用する場合は自分の好きな香り重視で選んでも問題ないと思われます。

スポンサードリンク

洗濯のやり方大公開!初心者でも大丈夫!!

 

一人暮らしを始める方など洗濯に慣れていない方の為に

基本的な洗濯のやり方をご紹介いたします。

 

1.洗濯する物、手洗いする物、クリーニングに出す物を分ける

スーツやコート等はクリーニングに出してください。

デリケートな物や汚れが落ちない物は手洗いで洗いましょう。

 

2.洗濯機に入れる

長袖の物や飾りがついている物、ダメージを軽減したい物は洗濯ネットに入れましょう。

引っかけるのを防止するためにファスナーは閉めて入れます。

ボタンは閉めているとボタンが取れてしまう可能性があるので開けた状態で入れましょう。

洗濯機には洗濯物を入れ過ぎないよう8分目程までにしましょう。

 

3.洗剤、柔軟剤を各洗濯機指定の投入口に入れて洗濯開始

すすぎ一回でOKの洗剤で目立った汚れが無いのであればここでコースを設定しましょう。

 

4.洗濯物を取り出して干す

洗濯が終わったら臭いが出る前になるべく早く干しましょう。

早く乾くように他の衣類とくっつかないように干しましょう。

シワを伸ばして綺麗に干しておくと、たたむ時やアイロンがけも楽になります。

さいごに

 

洗剤の種類と洗濯のやり方を簡単にご説明いたしました。

もしかして自分って弱アルカリ性の方が合ってるんじゃないか?

とかファスナー開けたまま洗っていたなんて

自分の洗濯で気付いた点がある方もいらっしゃると思います。

 

今まで特に問題は無くても、いざトラブルが起きて服がダメになってしまうと

気分も落ち込んでしまいますよね。

そうならないように是非この記事を参考に、

長く綺麗に服を使うために正しい洗濯を心掛けてくださいね。

 

スポンサードリンク