スポンサードリンク

 

今では乾燥機能付きの洗濯機があるので、

雨の日や天気が悪くてなかなか洗濯ものが乾かない時などに、

乾燥機能付きの洗濯機があると、便利ですよね!

 

しかしその乾燥機能の使い方を間違ってしまうと、

せっかくキレイに洗えたのにシワができてしまう、

服が伸びて着れなくなってしまう事がありますので注意が必要になります。

 

そこでここでは洗濯物の表示についてご紹介いたしますので、

お洗濯の際の参考にしてください。

 

洗濯表示と一緒に覚えましょう!乾燥機使用時の注意点

 

せっかく買った可愛い洋服や大切な洋服を乾燥してはいけないのに、

乾燥機に入れてしまったなどといったことを防ぐ為に、

ここでは乾燥機を使用する際の注意点をご紹介します。

 

①吊り干し、平干し、ドライ表示のある場合

このマークがついている場合、乾燥機に入れてはいけません。

平干しというのは、平らにして干すという意味なので、

テーブルの上など平らな場所で干すようにしましょう。

 

②女性下着やストッキング

下着やストッキングにはポリウレタンやゴム素材が使われています。

こういった素材は乾燥機能には適していませんので注意してください。

 

③ウール、絹

ウールや絹などは乾燥機に入れてしまうと縮んでしまう可能性がありますので

注意しましょう。

 

スポンサードリンク

必ず洗濯表示を確認して!手洗いマークの服の洗濯方法

洗濯表示を確認する際に注意したいのが、「手洗いマーク」のついているものです。

では、そんな手洗いマークがついているお洋服、

どうやってお洗濯したら良いか知っていますか?

 

手洗いのお洗濯方法は押し洗いが定番です。

押し洗い方法は、まず洋服を畳み、洗剤を溶いた、

洗濯桶の水の中で「上から手のひらで押して軽く押す→力を抜いて浮かせる」

を繰り返します。

 

袖口などは、もみ洗いせず、手のひらで袖口をつかみ、

握って離す、を洗剤液の中で繰り返し、洗剤に力で汚れを浮かしてとりましょう。

シミがる部分は、たたき洗いがおすすめです。

たたき洗いは汚れの部分に洗剤をつけ、スポンジなどでトントンとたたきます。

 

脱水する際は手のひらで優しく絞り水分を取ります。

もしくはバスタオルなどをはさみ、水分を取るタオルドライなどもおすすめです。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

ここでは、乾燥機を使う際の注意点や、手洗いをする際におすすめの方法をご紹介しました。

洋服の繊維や生地をしっかり見て洗濯に気を付ける事で、

大切なお洋服を長く愛用することができますので、ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク