スポンサードリンク

 

毎日仕事で忙しいOLさんは急な用事がない限りやすめないと思います。

朝起きたら体がだるいと思ったら風邪をひいてしまったことはありませんか?

そこで風邪をひいてもお風呂に入っていいのか?について紹介したいと

思います。

 

せっかくお風呂に入っても体を冷やしたり長い時間湯船に浸かると体に

負担をかけてしまい今以上に体調が悪化してしまう可能性があります。

だいたい37.5度くらいの微熱くらいならお風呂に入っても大丈夫ですが、

体がだるい時、体を動かすだけでもきついときはお風呂に入るのを止めましょう。

熱が38℃以上ある、寒気がしたり体の節々が痛くだるい、吐き気、下痢などの

症状がある時です。

 

スポンサードリンク

 

風邪の時のお風呂は大丈夫?シャワーだけがいい?お答えします!

 

風邪をひいた時のシャワーの浴び方はお湯を熱くしすぎない事が大切です。

熱いお湯は体力をたくさん使ってしまうので風邪が悪くなる可能性があります。

どうしてもシャワーを浴びたい時はぬるめの温度だと体への負担が少ないです。

体、頭を洗時は長い時間シャワーを浴びないように

短い時間で済ませることが大切です。

 

シャワーを浴びた後はすぐ布団に横になりましょう。

シャワーを浴びた後は体が冷えてしまうと

無駄に体力を使ってしまう原因になります。

あまり熱くないシャワーをすばやく浴びるということがポイントとなります。

その他、軽く体を拭くということもおすすめできます。

 

できるだけ体調を悪化させないためのお風呂の入り方は、

あまり体力を使わないように熱いお湯より少しぬるい湯船つかります。

お風呂に入る前に脱衣場と浴室は温度変化が出ないように

部屋を電気ストーブで暖める。

お風呂に入った後はすぐにタオルで体を拭いて体が温かいうちに

布団に入って横になりましょう。

髪を洗った後はしっかり髪を乾かして水を飲みましょう。

 

特に注意したい冬場は浴室の気温が低いので

体を冷やしてしまい体調が悪くなる原因になるので気をつけましょう。

お風呂に入ると血行がよくなり体が温まるので

風邪の症状が早く回復するきっかけになります。

 

また、平熱が低い人は免疫力が下がっています。

平熱が体温37度ある人が1度体温が下がると免疫力は30%落ちます。

免疫力が低いと体の中に風邪ウイルスが入ってきても免疫力が

下がっているので風邪をひきやすくなります。

 

風邪にかかりにくくするにはお風呂に入ることです

湯船につなると体温が上がり、体温が1度上がると免疫力が5~6倍増えます。

免疫力が高くなればウイルスを闘う事が

できるので風邪にかかりにくくなります。

知っておいて!風邪の時の適切なお風呂の温度

 

風邪をひいている時の温度は41度です。

41度では体に負担がかからない温度です。

湯船に入っても血圧が緩やかに上がります。

頭が痛かったり、めまいなどの症状は起こらないでしょう。

20分~30分くらい入浴時間で上がりましょう。

体温を1度上げれば免疫力が上がりますが

とても熱い湯船に入るのは体によくありません。

42度以上の熱い湯船に入ると体が熱さで血管が収縮して血液の流れが悪くなり、 

血圧が上がるので心臓への負担が大きくなります。

そのため、41度を目安に入るようにしましょう。

 

さいごに

風邪をひいた時にどうしてもお風呂に入りたい時はシャワーより湯船に

入ると体が芯から温まり布団に横になるとぐっすり休めます。

ただ入る時は熱いお湯ではなくぬるま湯に入るようにしたいですね。

 

スポンサードリンク