スポンサードリンク

 

口内炎がうつるという話を聞いたことはありませんか?

 

口内炎がうつるわけがないと思っている方もいるかもしれませんが、

実は人にうつる口内炎は存在します。

 

では、どのような口内炎がうつるのでしょうか?

 

これから、人にうつる口内炎について紹介します。

 

口内炎は本当にうつるの?赤ちゃんへの影響は?

 

ウイルス性の口内炎は人にうつることがあります。

そのため、赤ちゃんには免疫力が低いためよく発症しやすいです。

 

例えば、ヘルペス性口内炎は口内にウイルスが感染することで発症します。

 

ウイルスを持っている親が箸や皿を介して、

もしくはキスをして赤ちゃんに移すことがあり、

小さい子供によくみられる口内炎です。

 

ヘルペス性口内炎は口内の痛みとともに発熱を伴います。

 

乳幼児の場合、症状に気づきにくいことが多いので、注意が必要です。

 

その他に、ヘルパンギーナという病気は夏風邪の一種で高熱を伴い、

数十個ほどの口内炎が生じます。

 

これも幼児によくみられる口内炎で免疫が低下した成人にも発症することがあります。

 

これもウイルスが感染することで発症します。

 

赤ちゃんは大人と比べて体を守る機関が十分に発達していないため

感染症などにはとても弱いです。

 

そのため、口内炎に限らずさまざまなウイルスや細菌からの感染に

十分気を付けるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

口内炎はうつるかどうかの真相は??

 

先ほど述べたとおり、人にうつる口内炎はあります。

 

しかし、すべての口内炎がうつるわけではありません。

 

人にうつるのは次のような口内炎です。

 

・ヘルペス性口内炎

・手足口病

・ヘルパンギーナ

 

話しているときに噛んでしまってできた口内炎や

ビタミン不足が原因でできた口内炎などの細菌やウイルスが

関連していない口内炎の場合は人にうつることはありません。

 

口内炎ができた原因がはっきりしていなかったり、

免疫力が低下しているときに口内炎になったら

ウイルスが感染して口内炎になっている可能性もあるので

一度診察してもらいましょう。

 

 

さいごに

 

口内炎は人にうつることもあり、人にうつる口内炎ができた場合は

他の人にうつらないように気を付ける必要があります。

 

特に、人にうつる口内炎は子どもが発症することが多いので十分気を付けましょう。

 

また、人にうつる口内炎は細菌やウイルスが感染して

発症する口内炎なのでそれ以外の口内炎は人にうつることはありません。

 

どのような口内炎が人にうつるのか理解し、適切な対処を心がけましょう。

スポンサードリンク