スポンサードリンク

 

口内炎と聞くと唇の裏側に赤く炎症を起こしているものを

思い浮かべる人が多いと思います。

 

しかし、口内炎は口内のあらゆるところにでき、

舌にも口内炎が発症します。

 

舌に口内炎ができたときは

他の場所にできた時と比べてかなり痛いですよね。

 

そこで、口内炎ができる原因や、

なぜ舌に口内炎ができるのかを紹介します。

 

原因をあらかじめ知っておくことで未然に防ぐこともできるのではないでしょうか。

 

口内炎の原因は本当にビタミン不足なの??

 

口内炎ができる原因の一つにビタミン不足があります。

 

他に、ストレス、口内のウイルスや細菌の増殖、

特定の食べ物や薬物のアレルギー反応など様々な原因があります。

 

本当にビタミン不足で口内炎ができた場合は

ビタミンを補給することで解決しますが、

そうではないことが多々あります。

 

これまでの自分の食生活や口内炎になる原因と考えられるものが

他にないかよく考え、適切な治療をしましょう。

 

スポンサードリンク

 

口内炎の原因って何なの?? 舌にできる理由は??

 

口内炎にはアフタ性口内炎、カタル性口内炎、ヘルペス性口内炎、

カンジダ性口内炎などの種類があります。

 

舌に口内炎ができる場合は、アフタ性口内炎、カタル性口内炎、

カンジダ性口内炎などが考えられます。

 

アフタ性口内炎では他の場所にできる場合と同様に

ビタミン不足や睡眠不足、ストレスなどが原因で発症します。

 

カンジダ性口内炎は細菌が増殖し、舌に白い苔状のものが粉状にこびり付きます。

 

細菌が増殖する原因は、ほとんどがほかの病気が原因で

口内の常在菌のバランスが崩れることです。

 

カンジダ性口内炎は健康な人にはほとんど発症しない口内炎で、

通常、口内炎はアフタ性口内炎が多いです。

 

また、話しているときに舌を噛んでそこから細菌が感染し、

カタル性口内炎になることもあります。

 

合わない義歯や詰め物、被せ物などがある場合は、

舌がそれに引っかかって傷ができ、

そこから細菌が侵入するということもあります。

 

さいごに

 

口内炎は原因がさまざまで一概にビタミン不足が原因とは言い切れません。

 

そのため、ビタミンをたくさん摂っても治らない場合があり、

それぞれの原因に合った治療が必要です。

 

また、舌にできる口内炎として、他に何か病気があったり、

ストレスなどにより口内の常在菌バランスが崩れれば、

カンジダ性口内炎が考えられます。

 

舌にできたからと言って特別な治療が必要ではありません。

 

とはいえ、痛みから解放されるには何が原因なのかを理解し、

それに合った治療をすることが大切です。

スポンサードリンク