スポンサードリンク

 

口内炎は1~2週間ほどで自然治癒します。

 

それでも、口内炎を噛んでしまってなかなか治らないことが多いですよね。

 

そこで、噛んでしまわないように早く口内炎を治す方法を紹介します。

 

この際知っておこう、口内炎の治し方!これで唇を噛んでも大丈夫!

 

唇を何回も噛んでしまう場合は噛み合わせが悪かったり

歯が欠けていたりします。

 

その場合は歯科へ行き、噛み合わせや欠けている歯を

早めに治してもらいましょう。

 

免疫力が低下して口内炎ができた場合は、

規則正しい生活を心がけたっぷり睡眠をとり、回復しましょう。

 

ビタミン不足の場合は、ビタミンB2を多くとるようにしましょう。

 

普段の食事で意識的に摂るようにしたり、ビタミン剤などで補うのも良いと思います。

 

スポンサードリンク

 

<口内炎の治し方+α>良い食べ物は?そして絶対NGなのは?

 

・口内炎を治すのに良い食べ物

主に、ビタミンがたくさん含まれている食べ物がおすすめです。

 

特にビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどの成分が

多く含まれているものを食べるようにしましょう。

 

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持、癌予防の効果が期待され、

レバーやニンジン、カボチャなどに多く含まれています。

 

ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康維持の働きがあり、

レバーやうなぎ、納豆などに多く含まれています。

 

ビタミンB6はタンパク質の合成に関わり、

皮膚や粘膜の合成をサポートする働きがあります。

かつおやマグロ、レバーなどに多く含まれています。

 

ビタミンCはコラーゲンの精製、皮膚や粘膜の健康維持の働きがあり、

柑橘類や野菜に多く含まれています。

 

・口内炎であまり食べない方がいい食べ物

口内に刺激を与えるような食べ物は避けるようにしましょう。

 

例えば、香辛料が入っているものや酸っぱいもの、熱いものや冷たいものなどです。

 

また、パイナップルやキウイなどの果物は口内炎の症状を悪化させる可能性があります。

 

砂糖がたくさん使われているものは

ビタミンやミネラルをたくさん消費してしまうので控えるようにしましょう。

 

さいごに

 

口内炎ができるとどうしても食事が疎かになってしまいがちですが

ビタミンの不足や免疫力が低下していることがあるので

食事をしっかりとるようにしましょう。

 

また、口内炎を早く治すにはそれぞれの原因に合った治療が必要です。

 

ここで紹介した内容を参考にして口内炎を早く治してみてはいかがでしょうか。

 

口内炎は自然治癒で治るものですが、早く治して痛みから解放されましょう。

スポンサードリンク