スポンサードリンク

 

口内炎、ヘルペスが出きたことはありますか?

口内炎、ヘルペスは似ているので分かりにくいと思います。

今回は、口内炎とヘルペスの違いをわかりやすくまとめてみました。

 

これでまるわかり!口内炎とヘルペスの違い&見分ける方法

 

ヘルペスはヘルペスウイルスに感染することでおこる感染病になります。

ヘルペスは単純疱疹(たんじゅんほうしん)ともいいます。

口内炎と症状が似ているので口の周り、

口の中にトラブルが起きるのが口唇ヘルペスです。

ヘルペスは性器ヘルペス、帯状疱疹(たいじょうほうしをん)、

水疱瘡(みずぼうそう)などがあります。

 

口唇ヘルペスは口の周り、唇に小さい水ぶくれができます。

水ぶくれができる前はチクチクと痛みがあったり、赤く腫れます。

なんだか体がだるいなと感じたら発熱していたなどの症状が多いです。

感染したらすべての人が口唇ヘルペスになりません。

疲れがたまっていたり、食事をしていなかったり、栄養が偏っている時、

ストレスがたまっているときは免疫力が下がっているのでかかりやすいです。

 

口内炎は、口の周り、口角、唇の内側などに白いぷくっとしたできものができます。

できものができた場所に食べ物、熱い飲み物などが当たると痛みを感じやすくなります。

ヘルペスと比べると痛みは弱いです。

 

原因はビタミンが足りなくて、口の中を歯で噛んで細菌が入ると口内炎になりやすいです。

規則正しい生活をしていなかったり、疲れ、ストレスが溜まっている、風邪の引き始めに

できることもあります。

 

スポンサードリンク

 

教えて!口唇ヘルペス&口内炎、それぞれ何科を受ければいいの?

 

口内炎は口の中の粘膜の病気なので歯科、皮膚科を受診する人が多いと思います。

皮膚科、歯科だけでなく、内科でも診察をしてくれます。

口内炎は耳鼻咽喉科が専門なので口内炎ができたら電話で口内炎の診察をしているか?

確認することが大切です。

口唇ヘルペスを治療する時は皮膚科、内科へ行きましょう。

一度感染したヘルペスウイルスを体から完全に取り除くことは難しいですが、

治療で症状が悪くならない治療はできます。

口唇ヘルペスは早く治療をすると症状が悪くならない回復が早まる病気です。

症状が出たら皮膚科を受診してください。

 

 

口内炎、ヘルペスを予防する方法は?

 

口角炎の原因は、ビタミンB2、B6が足りない、ストレス、疲労です。

規則正しい生活を送り、バランスのとれた食事を取ることが大切です。

ビタミンB2、B6がたくさん入っている食材は、納豆、卵、うなぎ、

レバーを積極的にとりましょう。

 

ヘルペス、口角炎と同じで規則正しい生活をしましょう。ヘルペスは体調不良、

疲れがたまっていたり、ストレスなどで出きすたやくなります。

体の免疫力が下がらないように栄養バランスを考えて食事をとる事、疲れていたら

適度に休憩をして一日を過ごす事が大切です。

 

さいごに

 

口内炎、口唇ヘルペスになると治るまでに時間がかかるので、

上記であげた症状に当てはまる時は

すぐに病院受診されることをおすすめします。

口内炎、口唇ヘルペスは口の病気で似ていますが

症状がまったく違うので注意が必要です。

 

スポンサードリンク