スポンサードリンク

背骨の歪みを治すために体操、普段の生活で気をつけることをご紹介します。

ダイエット効果も!背骨痛直伝の背骨の歪み矯正ストレッチ3つ

 【仙骨をゆるめる体操】

せんこつは骨盤の中心にある頭、背骨を支えている骨になります。

骨盤が歪む原因は仙骨が歪んだりすると周りの骨、筋肉が歪みます。

仙骨をゆるめて正しい位置に戻すことで体の不調が改善されます。

  • あおむけに寝て両ひざを立てます。
  • かかとをくっつけて両ひざを30°ひらきます。
  • 両ひざを30°開いたまま息を吸うときに骨盤をゆっくり持ち上げます。
  • 骨盤を持ち上げてその状態のまま息を吐きながらゆっくりと元に戻します。

※最初は股関節が痛いので無理をしない範囲でしましょう。

※体操は赤ちゃんがお腹にいる人は骨盤をゆるめると危ないのでしないで下さい。

【骨盤の歪みを整える体操】

  • うつぶせに寝て片方のひざを90°に曲げます。
  • 顔はひざを曲げた方に向けて、手を90°に曲げて顔の横につけます。
  • 反対側の足、手は、まっすぐに伸ばします。
  • 腰をゆっくりと持ち上げるようなイメージでひざを曲げる。
  • 曲げて息を吐いたら腰を元の位置に戻します。

※5回くらいしてから反対側も同じようにします。

【股関節と内ももを伸ばす体操】

骨盤(こつばん)、股関節はつながっていて動いているので股関節の動きが歪んでいると骨盤も一緒に歪まみます。

股関節は普段使わない筋肉なので体を動かすことで骨盤の歪みが改善されます。

  • 両ひざを立ててあおむけに寝て片方の足首を腰に近づけます。
  • 反対側のひざは、外側に向かって開き、足の裏は反対の足の太ももにくっつけます。
  • 開いた足をしっかりと伸ばすイメージで内ももと股関節を伸ばします。

上記の動きを3回繰り返して反対側も同じようにします。

 

スポンサードリンク

巷で評判の背骨の歪み矯正・日頃からの注意点!

 

【背骨の歪みを矯正する方法】

骨のゆがみが原因となった症状は、筋肉痛から内臓疾患まで人それぞれ違うので

治療する病院を紹介したいと思います。

【カイロプラクティック】

時間は15分~30分くらいです。

病院によって時間は違いますが、しっかり検査をして体に必要な治療をします。

症状は肩こり、首の痛み、腰の痛みだけではなく胃、腸、子宮などの治療ができます。

【マッサージ】

手の平、手の指を使って摩擦、圧迫をしたり、体の新陳代謝を活発にして

体のこり、疲れを改善させる効果があります。

【鍼灸院(はりきゅういん)】

治療する時に、はり、おきゅうを使ってこっている所に

刺激を与えると病気を改善したり、健康を保つために使います。

【接骨院整骨院】

せきつい、こつばん、手足などの関節、骨格の歪みなどを

手、機械を使って矯正したり調整する治療方法があります。

【背骨矯正のための体操】

背骨の歪みを体操などをして矯正する方法です。

きちんと治療を受ける時は専門の人に相談しましょう。

背骨のゆがみは治療してすぐには治りません。

普段の生活を見直して背骨を支えるために筋肉を鍛えることは大切です。

【日頃から注意すること】

背骨のゆがみは、普段生活している中で片方に重心をかけたり、

癖などがあるとすでに背骨がゆがんでいるかもしれません。

長い時間椅子に座ってパソコンをしていると背中が丸くなっていませんか?

背中が丸くなると胃のあたりに不快感があったり、

腹がでてきたなどの症状がある人は

丸まった背骨で内臓が圧迫されている可能性があります。

さいごに

普段の生活で変な癖がついたりすると背骨が歪んでしまう原因になるので

生活をするなかで姿勢が丸くならない、片方ばかりに重心をかけない、

同じ肩ばかりにバックをかけないなど意識して心がけることが大切です。

歪んでしまった背骨は整体院で治療してもらうことで改善できます。

 

スポンサードリンク