スポンサードリンク

食欲がない家族がいると心配になりますよね?

食欲がない家族に対してどんなことに気をつけたらいいのか

ご紹介したいと思います。

要注意!食欲不振、看護の際に見落としがちなポイント5つをご紹介!

 

食欲がなくなる原因は、身体的な事は活動量が下がると

必要なエネルギー量が減るので食欲不振が起こります。

天気がいい日はできるだけ外出をして無理をしない範囲で

体を動かすと少しずつ食欲不振を改善することができます。

ポイント1:噛む力、飲み込む力の低下の注意!

噛む力、飲み込む力が低下している時は気をつけましょう。

食べ物がのどにつまったことがあると食べたらのどにつまるのでは?

と考えるので食欲がなくなるきっかけになります。

食べ物がのどにつまらないようにするには

食べやすい大きさに切ったり、柔らかく調理をしたり、

好きな食べ物を食べるなど工夫をすることが大切です。

 ポイント2:精神的なケアに気を配る!

精神的な原因は持病、病気などがあると

先のことに対する不安、心配から精神的に不安定になり、

食欲がなくなることがあります。

近くに住んでいる知人、家族と話をすることで

心配な気持ちが改善します。

 ポイント3:消費するエネルギーにも関係する!

食欲がなくなると体を動かさなくなり

消費するエネルギーも減って、ご飯を食べたいと思いません。

ご飯を食べないでいると、今より体を動かせなくなり

廃用症候群が進むと寝たきりの状態になる可能性があります。

 ポイント4:1日のリズムを作りましょう!

運動をしてエネルギーを消費すると

食欲が回復していくのが理想ですが、

一日のリズムを作りましょう。

規則正しい生活ができるようになったら趣味、散歩をしたり、

生活のリズムを整えると身体を動かすことが増えます。

体内時計は年と共に変化します。

血圧、体温、ホルモン分泌など

睡眠を支える多くの生体機能リズムが変わります。

 ポイント5:寝る前、起きた時に気を付けること!

寝る前はご飯を食べずに空腹を避けましょう。

食事は眠る2~3時間前にしましょう。

睡眠5時間前はカフェインが入っている飲み物はとらない。

湯船につかるときはぬるめのお湯につかる。

朝起きた時、午前中に日差しをあびて

一日のリズムを出すホルモンを作るのを促して

夜は自然と眠くなります。

スポンサードリンク

徹底解説!食欲不振の患者の看護診断はこう書くと◎

 

食事はどのくらい食べているのか?食事の献立を聞く。

どのくらい食欲がないのか?ちゃんと食事をとっているのか確認をします。

ムカムカしたり、口の中がしみたり、味がしない、だるいなど食欲がない理由は人それぞれです。

胃がむかむかする時は、胃の病気が疑われるそうです。

食欲がないときは隠れた病を探すサインが潜んでいることがあるので

できるだけわかりやすい訴えがきけるように工夫をされるそうです。

 

食欲がない以外の症状も確認することが大切です。

発熱、胃痛、下痢、嘔吐、便秘などがないか確認をします。

心不全、腎疾患は、手、足がむくんでいないか確認します。

肝疾患は、むくみ、お腹に水がたまっていないか、黄疸(おうだん)の症状が出ます。

 

食欲がない日が続くと栄養をとっていない状態なので、

体重、総タンパク量、アルブミン量、A/G比などの検査データなどをして

栄養状態を話し合い日常生活に影響が出ていないかを確認する必要があります。

 

食欲がないときにケアを行います。

食べ物を口から食べることができない時は、

経腸経管栄養を行うそうです。

舌にこけがある時は歯磨きをして、

便秘ぎみのときは出るようにお腹をマッサージをします。

 

食事は好きな食べ物、食感を考えた献立にして

皿にのせるときに盛りつけを工夫したり、

食事ができるように環境を整えたり

食欲がわいてくるような工夫についてアドバイスをされます。

風邪のような症状が起きたり発熱、感染性胃腸炎になった時は食欲がありません。

早く治ってもらいたいために無理やり食事をとらせると

患者さんの負担になり回復を遅らせる時もあります。

 

「食べないと体に悪いですよ。」と声かけすることもあまりよくないそうです。

ただ患者さんを焦らせてしまう原因になります。

自分の力で少しでも食べたら評価することは大事な事です。

さいごに

家族の中に食欲がない人がいたら無理に食べさせるのではなく

本人が好きな食べ物を食べさせることで食欲が回復する可能性があります。

上記であげたことを参考にして実際にしてみてください。

スポンサードリンク