スポンサードリンク

最近眠い日が続いていませんか?

眠気に効果があるツボ、眠気の原因について

ご紹介したいと思います。

必見!ストレスと眠気のメカニズムとは?これで頭痛対策もバッチリ!

 

サーカディアン・リズム

眠気のメカニズムは、医学的にはっきりわかっていませんが

研究結果で眠気が起こるのは人の体にサーカディアン・リズムがあり、

体内時計で眠りのリズムを感じるようにできているそうです。

 

※サーカディアン・リズムは、一日24日周期のことを言います。

 

精神的ストレスをうけると自律神経のバランスが崩れます。

サーカディアン・リズムが正常な働きをしなくなります。

眠くなる物質以外に起きている状態を維持する

オレキシンという物質があるそうです。

不眠症になると夜眠れない状態になるのは、

サーカディアン・リズムが乱れてオレキシンが

必要以上に分泌しているからです。

冬季うつ病

うつ病になると眠れなくなりますが

たくさん寝ることが増える人もなかにはいます。

うつは冬になると気持ちが落ちこんだりする症状が現れやすいです。

体が冷えると血流が悪くなり体を動かしても基礎代謝が上がりません。

気分が悪かったり、良い日があります。

気分が高ぶっている時は短い時間の睡眠で問題はありませんが、

気分が落ち込んでいる時はたくさん寝てしまいます。

うつ病を予防するためには体温を一定以上に保ち、

寒くなってきたらいつも以上に運動する量を増やすことが大切です。

環境が変わるとストレス

精神的な症状だけではなく肉体も疲れやすくなります。

4月~5月になると眠くなることが多い人は、

環境が変わるとストレスになります。

人は疲れを感じると体を回復させる働きがあります。

眠気が起きる原因はストレスにより体の機能が

正常に働いていないというサインを出しています。

眠いときは我慢をしないで布団に横になりましょう。

ストレスで膵臓にも影響

人は強いストレスをうけると消化器官に異常が起きます。

胃が痛くなります。

ご飯を食べたあとの眠気に近いです。

ご飯を食べると血糖が上がり血糖を正常に保とうと、

膵臓からインスリンが分泌されます。

 

インスリンの量が多いと血糖値を下げることが出来なくなります。

血糖値が下がりすぎると、脳へ栄養がいかなくなり

意識がもうろうとします。

 

膵臓の働きが悪くなると代謝の働きを調整することができなくなると

体がだるくなったり、眠たくなります。

 

予防する方法は、食事です。

揚げ物、甘いもの、炭水化物の取り過ぎで

すい臓が疲れてしまうので食事の量を減らすことが大切です。

睡眠無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、眠気は昼間に起こりやすく、

日本男性の約5%、女性の約1%がかかるそうです。

スポンサードリンク

【睡眠時無呼吸症候群チエック】

★寝ているとき

・いびきをかく。

・いびきが止まるが呼吸するといびきをかく。

・呼吸が止まったり、何度も目が覚める。

・寝ているときに汗をかく。

 

★起きたとき

・口がかわく。

・頭痛がする。

・しっかり寝た感じがしない。

・朝起きる時体がだるい。

 

★起きているとき

・寝たのにすぐ眠くなる。

・体がだるくだるくて集中力がない。

・体がいつも疲れている。

ストレスが原因の眠気と吐き気のWパンチを軽くする3つの秘訣!

 

1.食べ物にカギあり!

吐き気があるとき

コーヒー(カフェイン)

お酒が入っている飲み物

炭酸が入っている飲み物

辛い食べ物などは胃に負担をかけてしまうので

消化にいい食べ物、お粥、うどん、野菜スープ、さゆなどを食べましょう。

2.休息をしっかりとしよう!

睡眠が足りない吐き気は、

脳、体がしっかりと休ませていないことが原因なので、

昼寝をすると吐き気の症状が軽くなります。

 

マイクロスリープは、脳を休ませることができて

しかも吐き気を予防してくれる効果があります。

 

昼寝をする時に注意することは、

横になって寝ないで20分以内に起きることです。

横になったり、20分以上寝てしまうと

体が入眠状態に入ってしまうので逆に疲れてしまいます。

座った状態で少しの間目を閉じて脳を休ませることが大切です。

3.ツボ押しで解消しよう!

ツボ押しをすると吐き気の原因でもある脳、体の疲れを回復させるので、

寝る前、昼間起きている時にツボ押しましょう。

 

【失眠(しつみん)】

ツボの位置はかかとのふくらみ中央にあります。

親指を使ってイスに座ります。

片手で足首を持って反対側の手で握りこぶしを作ってツボを20回たたきます。

 

効果は不眠が治ったり、うつ、むくみ、膝関節痛、下半身の冷え、足の疲れ、

かかとのカサカサが改善されると疲れが回復したり、寝付きがよくなります。

 

【湧泉(ゆうせん)】

ツボの位置は足の指を曲げたときにできる足裏の中央にあります。

効果は頭痛、リラックス効果、体の血行が改善されたり、抜け毛予防になります。

 

【百会(ひゃくえ)】

ツボの位置は指で触ると少し柔らかいつむじより手前にあります。

効果は不眠が改善されたり、緊張緩和、リラックス、癒し効果があります。

 

【安眠(あんみん)】

ツボの位置は耳の後ろにある下に向かって尖っている

骨から下におよそ指の幅1本分です。

 

効果は不眠、睡眠不足、頭痛、めまい、肩こりが改善されます。

さいごに

ストレスをうけると眠くなる原因はわかりましたか?

最近昼間眠すぎて困っている人は、

リラックスしている時にツボを押してみてください。

少しでも眠気が改善することを願っています。

スポンサードリンク