スポンサードリンク

最近肌荒れでかゆくなってしまったことはありませんか?

その原因はストレスが原因かもしれませんよ。

ストレスからくるかゆみ、湿疹が出たらまずやってほしい対処法4つ!

 

その1.食事

食事をつくるときはビタミンAが入るようにしましょう。

肌の代謝を高めてくれる効果があるので肌のバリア機能の働きがよくなります。

ビタミンAが入っている食物は、レバー、あなご、卵黄などです。

βカロテンは、にんじん、モロヘイヤ、ほうれん草、にら、小松菜なども

一緒にとることが大切です。

その2.腸内環境を整える

腸腰筋を鍛えると大腸のぜんどう運動が活発に働くので

便秘気味の人にピッタリです。

体の中にある老廃物を出すことができます。

その3.湯船につかる

血行が悪い人は、自律神経が崩れる人が多いので湯船につかるようにしましょう。

夏場はシャワーですませる人が多いですが疲れがとれないので、

湯船に入ると全身の血行がよくなります。

熱いのが苦手な人は足湯でも効果はあります。

  • 40度のお湯に7分つかります。
  • お風呂から出ます。
  • 体を覚めたらまた浸かります。

これを3回繰り返します。

※心臓が弱い、貧血の人は控えましょう。

※体が温まってかゆくなったり皮膚が赤くなったら近くの皮膚科へ行きましょう。

その4.温度・湿度に気を付けよう!

室温、湿度は室温は26度、湿度は50~60%に保つといいようです。

布団で寝るときは靴下ははかないで寝ましょう。

靴下を履いて寝ると体温調節ができにくくなるので、

素足で寝ることが大切です。

 

スポンサードリンク

【健康知恵袋】ストレスによるかゆみ、全身に表れる原因と対応は?

ストレスが原因でストレス性皮膚炎、ストレス性湿疹があります。

【ストレス性皮膚炎】

ストレスでかゆくなったりすることに対して

不安、心配になると急に症状が出ます。

アトピー皮膚炎とも言われます。

【ストレス性湿疹】

ストレスを感じると免疫の働きなどが悪くなって、肌にかゆみ、赤みなどがでます。

ストレスに敏感になり汗が分泌されると脂漏性皮膚炎ができてしまいます。

 

皮膚のかゆみ、炎症を抑えるために薬を処方してもらえますが

症状が治まってもストレスでできてしまう可能性があります。

例えば、ストレス性皮膚炎ができた女性が職場をかえてもらったら

かゆみが治まったそうです。

人によって環境が変わればぴたっと症状が治まることもありますが

かゆみが続くときは病院に行きましょう。

皮膚科で処方された薬を塗って効果がないときは内科で検査をうけましょう。

ではいったいどうやって対応したらいいの?

かゆくて我慢できない時は、かかずに患部を冷やすと効果があります。

保冷剤をタオルなどで包んでかゆいところを冷やすとかゆみが改善されます。

お風呂に入った後は皮膚が乾燥しやすいので保湿クリームを塗ると

かゆみから肌を守ることができます。

 

ストレスがたまらないように

自分が好きな音楽を聴いたり、リラックスできる時間をつくる。

 

適度な運動をする。普段から運動をしていない人は

ウォーキングをしてみるのをおすすめします。

さいごに

ストレスで急に全身がかゆくなったら

近くの皮膚科に行って診察を受けましょう。

ストレスがたまらないように発散させることが大事ですよ。

スポンサードリンク