スポンサードリンク

足がつる人におすすめの対処方法をご紹介したいと思います。

ぜひ試してみて下さい!

足がつるアナタ、即効性◎の治し方でふくらはぎの痛みもスッキリ!

 

【マッサージ方法】

・できるだけ体の力を抜いてひざを伸ばしてゆっくりつま先を自分のほうに引っ張ります。

・楽な体勢、角度を見つけてやさしくストレッチ、マッサージをします。 

※強くしない。

・布団に横になっていて足がつった時は、起き上がって、

トイレに行く時は、少し歩くと治ります。

・右足がつった左手の5指を全部一緒に右手でつかんで反らします。

・左足がつった時は、右手の5指を全部一緒に左手でつかんで反らします。

・つっている足の反対側の手の平を反らします。

※親指も必ず一緒に反らします。

・手を反らせながらつっている足のつま先をできるだけ自分の体の方向に引き寄せます。

※治そうという気持ちで手足をそらせると効きます。

・塩を一つまみ舐めます。

【こむら返り予防方法は?】

・ポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲む。

・1日1リットル以上の水分をとる。

・体を冷やさない。 

※浴槽に20分は浸かる。

・バランスのよい食事を取る。

・アルコールをのまない。

・運動、ストレッチ、リンパマッサージを行う。

スポンサードリンク

足がつるお悩み、セルフで解消!おすすめの治し方8つ大公開!

1.体の力を抜きます

こわばってしまうと思いますが、何とか痙攣した足をリラックスさせることが大切です。

2.楽な角度を見つけます

痙攣した所は、筋肉にダメージを受けている状態なので、

強くマッサージするよりも痛くない角度を探して楽な姿勢をしましょう。

3.ゆっくりとストレッチをする

楽な角度を見つけたらゆっくりとストレッチをしましょう。

急な収縮を止めてくれる働きをしてくれます。

4.足首をまわします

筋肉の緊張状態をやわらげるために足の力を抜いて足首を回します。

5.ひざを立てて寝ます

足を伸ばした状態はまた同じ事が起こるので足を伸ばさないように

足の下、膝の裏にクッションをはさみましょう。

6.足を冷やさない

つったとき、ねんざ、炎症が起きたら冷やしては効き目がありません。

足が冷えると足がつる原因になるので痛い場所を温める事が大切です。

7.下半身の筋肉を鍛える

普段からよく歩いたり階段を使い下半身の筋肉を鍛えることが大切です。

筋肉のポンプの働きによって血液の流れがよくなります。

※ふくらはぎの筋肉を使うことで、足先の血流が上がります。

8.食べ物で改善する

バナナはカリウムが入っているので筋肉を整えたり、

筋肉の疲れを防止する効果がありますしミネラルがあります。

トマトもバナナと同じくカリウムをたくさん入っています。

水分補給にもなるので100%トマトジュースでも大丈夫です。

 

・豆腐、納豆、アーモンドは、筋肉をゆったりとリラックスさせる

マグネシウムというミネラルが入っているので日常生活の中でとりやすいです。

例えば朝食に食事と一緒に豆乳をのむと気軽にとることができます。

 

・イカ、タコ、レバー、卵、豆類など

貝類は、タウリンが入っています。

タウリンは、筋肉の疲れに関係するアミノ酸が入っています。

レバー、卵はビタミンB1が神経にいい影響を与えるので

一日3食の中で1品作ってみてはどうでしょうか?

9.水を飲む

スポーツドリンクは、体の水分が不足すると

血液の流れが悪くなったりすると足がつる原因になります。

普段の生活から水分不足にならないように

こまめに水分をのむように心がける事が大切です。

※夏場、運動で汗をかく時はいつも以上に水分を補給しましょう!

 

普通の水でも大丈夫ですが、運動した後、汗をかいた後は

スポーツドリンクを飲みましょう。

ミネラル、イオンが入っているので足がつるのを予防したい人におすすめです。

さいごに

足がつったあとに効果的な方法を紹介しましたが

体を動かす以外にいつもの食事の中で足がつらないように

予防する事ができるのでぜひ試してみて下さいね。

 

スポンサードリンク