スポンサードリンク

足の指がつるのは大変ですよね?

足の指がつる原因、治し方についてご紹介したいと思います。

ココだけでしか教えない!足の指がすぐつる!6つの原因と治し方

原因1.筋肉の疲れ

激しい運動をしたときに足がつるのは筋肉の疲れが原因です。

マラソン、水泳などは、普段鍛えていない人がすると過酷な運動です!

長時間連続で筋肉を酷使するために乳酸がたまってしまうと

筋肉が疲れてしまう原因になります。

運動をする前にストレッチをすると、硬い状態の筋肉を少し緩和できるので

足がつるのを予防することができます。

ストレッチは必ずしましょう。

原因2.水分不足

体内の水分が不足すると足がつりやすくなります。

水分が不足すると体内で電解質が不足します。

電解質は、筋肉を動かすために必要な成分です。

筋肉のけいれんが起きやすい状態になるとつりやすくなります。

寝ている時に突然足がつる原因は、水分不足が足りない状態なので

寝る前は水分を飲んで寝ましょう。

運動した時にたくさんに汗をかくと、軽い脱水症状になるので

足がつる原因になります。

原因3.冷えるとつりやすい

体の温度が低くなると足がつりやすくなるので、

夏より冬の方がつりやすくなります。

女性は元々低体温の人も多いので足がつりやすいので、

靴下を履いたりしましょう。

原因4.ビタミン不足

体のビタミンB1が不足すると足がつりやすくなります。

ビタミンB1は、筋肉に必要なので、足りなくなると

筋肉疲労が回復しにくく、筋肉に異常が起こりやすくなります。

原因5.ミネラル不足

ミネラルの中にはカルシウム、マグネシウムが不足すると足がつりやすくなります。

水分不足の時と同じで電解質のバランスが崩れてしまうとつりやすくなります。

運動していると汗にはたくさんのミネラルが含まれているので体の外に出てしまいます。

運動中の水分補給はミネラルウォーターなどでミネラルを補いましょう。

ミネラルバランスが崩れているとつる症状になりやすいので十分注意しましょう。

原因6.病気の症状

運動不足、食事もバランスよく取れているのに

頻繁に足がつるときは病気の症状の可能性があります。

病気の症状で足がつっていても病気だと思わずに

放置する人が多いので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

治し方1.体の力を抜く

足がつる→筋肉硬直→全身がこわばるという流れです。

なるべくリラックスできるように力の抜けるような足の角度を保ちます。

無理に反り返った指を元に戻そうと逆側に曲げたり、

マッサージをするのは避け、筋肉、腱を痛める原因になります。

治し方2.ストレッチ

痛みがしっかり治まったところでゆっくりとストレッチをしましょう。

ストレッチは急にすると痛みがぶり返す場合もあるので、

痛みが治まって動かせるようになってから。

呼吸に合わせて無理をしないで、

適度なストレッチと足首を回す程度のストレッチにしておきましょう。

治し方3.ツボを押す

足がつった時に効果的なツボがあります。

ツボを押して軽く刺激を与えてみるのもいいでしょう。

・委中

膝の裏の関節の中央部分にあるツボです。

・承筋

ふくらはぎの一番膨らんでいるところの中心に位置します。

・太衝

足の甲にあるツボです。

親指と人さし指の間から足首側に指3本ほど移動したくぼみのある場所にあります。

足がつったばかりの筋肉は痙攣し硬くなっていて痛みがあります。

治し方4.温める

足がつる原因に血行不良、冷え性、冷えで足の筋肉への血流が悪くなります。

栄養が足先まで届かないため、筋肉や腱の動きが悪くなると足がつりやすくなります。

お風呂に入ったときは、ゆったりと湯船に浸かって冷え対策を行うと効果があります。

まだあるよ!足がつるとお悩みのアナタにとっておきの治し方まとめ

 

ゆっくりと伸ばす

つった指をゆっくり伸ばしていく足の指がつる症状は

痛みを伴っていることがほとんどなので、

その指を急いで伸ばすのは余計に痛みを生じる場合があります。

つった指をゆっくりと伸ばしていきます。

温める

つった足の周辺を温めましょう。

時間に余裕があれば足浴や半身浴などで身体全体を温め、

血行を良くすることで足の指がつる予防ができます。

カルシウム

牛乳、乳製品、小魚などにたくさん入っています。

マグネシウム

豆腐、納豆、ひじき、アーモンドなどに含まれています。

ナトリウム

塩、醤油、梅干などに多く含まれていますが、塩分そのものを取り過ぎてしまう可能性も高いのでとりすぎないように注意が必要です。

カリウム

パセリ、ほうれん草、アボガド、バナナなどに多く含まれています。

さいごに

足の指がつるのは大変なので足がつらないように予防することが大切です。

今までの食生活を見直してバランスがいい食事を心がけましょう。

スポンサードリンク