スポンサードリンク

最近よく足がつることはありませんか?

特に夜中に足がつる人は要注意です。

足がつる原因、対策についてご紹介します。

よく足がつる人必読!そもそもこむら返りの原因とは何?

 

【つりやすい場所】

ふくらはぎ、足の裏、足の指、足の甲

すねになります。

上記で上げた場所でよく足がつることが多いです。

一般的にはふくらはぎが多いですが

いつも足の指ばかりつるという人もいらっしゃると思いますが、

人によっては全くつらない、よくつるところがあるというの人も多いようです。

 

一ヶ所だけではなく他の場所が同時につることもあります。

足の指がつったので足のマッサージしていたら、

隣の指までつりはじめた人もいるそうです。

足がつるのは大変ですよね。

【足がつりやすい時間】

夜間、明け方、運動中が多いそうです。

明け方に起きようとして足を動かしたり

伸びをしたら急に足がつったという経験をした人はいますか?

 

体が冷えるのは足がつる原因になります。

明け方に気温が下がるので身体が冷えるので、明け方に足がつります。

運動中もよく足のけいれんが起きやすくなり、

泳いでいる、走っているときに、ふくらはぎ、

足の裏が釣ったことがある人も多いですが、

水中での足の冷え、運動による筋肉が疲れると足がつりやすくなります。

【足がつりやすい人】

筋力が弱くなってくる高齢の人が足がよくつりやすくなります。

赤ちゃんがお腹にいる妊娠中の人にも足がつることが多いです。

 

妊婦さんに足のけいれんが起きやすい理由は、

妊娠前と比べて体が冷えやすく、赤ちゃんの重みで骨盤が緩んだりします。

薬の副作用で足がつりやすくなるそうです。

 

高血圧、狭心症、甲状腺疾患、高脂血症、糖尿病、ホルモン剤などの

病気を持っている人は足がつりやすくなります。

 

スポンサードリンク

ふくらはぎの痛みは特に注意!こむら返りの原因を知って対策を!

 

ふくらはぎだけではなく夜寝ている時に足がつる時は、

筋肉が疲れているのが原因ですが、ふくらはぎがつる人のなかには、

激しい運動はしていないのになぜ?と思うかも知れません。

 

普段の生活の中で少しずつ疲れがたまってしまうと

ふくらはぎがつってしまう可能性があり、筋肉が疲れる以外にも、

体が冷えたり、血行不良、ミネラルのバランスが崩れることもあるので

不足しないようにしましょう。

 

夏場は汗をたくさんかきやすいので、

下痢、嘔吐後などの脱水状態になると

ミネラルバランスが崩れて筋肉が興奮状態になり

けいれんが起きやすいです。

 

ミネラルバランスの乱れを電解質異常です。

電解質は、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの

血液中にあるミネラルイオンのことです。

 

電解質は筋肉や神経の働きを調整する働きがあります。

ミネラルバランスが崩れると筋肉に悪い影響を与えてしまいます。

 

喉がかわいたり、手足がしびれる、腰が痛くなる、むくみなどが同時に起きる時は、

糖尿病、椎間板ヘルニア、腎疾患などの病気が疑われるので注意が必要です。

むくみ以外に気になることがあれば一度病院受診されることをおすすめします。

さいごに

足がつる人は、今までの食生活を見直すことが大切だとわかりましたし、

ただ足がつるだけなら問題はありませんが

毎日足がつる人は今までの生活を見直してみて

気になることがあれば一度病院で検査してもらいましょう。

スポンサードリンク