スポンサードリンク

ストレスで頭痛と吐き気に悩んでいるけど、どのように対策したらいいのかわかりませんよね?

そんなあなたに、わかりやすくご紹介したいと思います。

ストレスが原因の頭痛にめまい、そんなアナタへの対処の手引き

 

【頭痛対策方法】

・音、光の刺激があるとストレスがたまり頭痛、めまいが悪化するので

騒がしい場所から静かな部屋で横になりましょう。

カーテンをして部屋を暗くしたり電気を消すのも効果がありますよ。

 

・首、肩を温めるとストレスの頭痛を改善することができます。

ストレスがたまると血行が悪くなっているので

肩を温める事で体に必要ではない成分が体の外に出ます。

肩を温める方法は、タオルを水で濡らします。

絞ったタオルを電子レンジ500w1分で加熱します。

蒸しタオルが出来ます。蒸しタオルを肩の上に5分くらいのせると効果が出てきます。

 

・人は寝ることで脳をリラックスさせたり、疲れ、睡眠などの

肉体的なストレス、精神的ストレスも解消することができます。

頭痛の治し方に効果があり、1日7時間以上寝るといいそうです。

睡眠の質を下げる音、光を遮るためにカーテンをして電気を切りましょう。

 

・朝起きた時に日差しを浴びるとセロトニンが分泌されます。

寝る時の睡眠の質が上がって、疲れを回復させる働きがあります。

※セロトニンは、トリプトファンを代謝する時に使う成分で、

血小板,血清,胃粘膜などに入っています。

 

・食事中は噛む回数を30~50回に増やすと噛み続けると、

セロトニンが分泌されるとストレスになる頭痛が解消されます。

 

・歩くとセロトニンが分泌されます。

気分がよくなってストレス解消につながります。

激しい運動ではなく普段の生活の中で簡単にできるウォーキングがおすすめです。

 

・グレープフルーツはビタミンCが入っています。

ビタミンCはストレスを軽減する働きがあり、

グレープフルーツの香りが入っているリモネンは匂いを嗅ぐだけでも、

精神的な不安、頭痛などを改善する効果があります。

【めまい対処方法】

・ストレスでめまいを起こしたら、ずっと同じ所を見ることをおすすめします。

脳に正確な情報を送る事でめまいが治ります。

 

・運転をしている途中でめまいが起きたら車を停めて、

シートを倒してめまいが治まるまで横になることが大切です。

バス、電車に乗っている時にめまいがしたら椅子に座りましょう。

 

・めまいがしたら生姜が効果があります。

脳の血行を活発にさせます。

早くめまいを治したい時は、生姜小1に熱湯200㏄を注いだ生姜湯を飲むことをおすすめします。

※胃の調子が悪い日は避けましょう。

 

・めまい、頭痛がある時は、合谷のツボを刺激しましょう。

合谷はめまい、頭痛を改善する効果があります。

ツボの場所は、人差し指、親指の付け根の中間部分にあるくぼんだ所です。

※3秒押して3秒離すを繰り返します。

【吐き気対策方法】

ストレスからくる吐き気のことを心因性嘔吐といいます。

一般的には子供に多い症状ですが、ストレスが多い大人の人にも症状が出ることがあります。

心因性嘔吐は、ストレスが原因で吐きそうになったり、吐いてしまう症状です。

胃、胸がムカムカしたり、口の中が苦くなったり、胃もたれがしやすくなります。

この症状になりやすい人は、一生懸命頑張る人、真面目な人に多いです。

 

吐き気の症状が出ないようにするにはリラックスすることです。

自分で解決ができない人は心療内科などで相談をされるといいですね。

【ストレス頭痛を解消する食べ物】

・ストレスを感じるとたくさん消費されるので、

ストレスの頭痛に良いビタミンCを含むじゃがいも、かぼちゃ、ピーマン、

パプリカ、ブロッコリー、キャベツ、人参、柿、苺、レモンなどを

食事に取り入れましょう。

 

・ビタミンB6は、幸せホルモンセロㇳニンを作るために必要な栄養です。

セロトニンが分泌されると、ストレスを解消します。

ビタミンB6を含むたらこ、するめ、サバ、さんま、牛肉、鶏肉、

ニンニク、パセリ、大豆、納豆、焼のり、味付け海苔、アボガド、

キウイ・バナナなどを積極的にとりましょう。

 

・トリプトファンはセロトニンに必要な成分です。

トリプトファンが入っている食べ物は、チーズ、かつお、マグロ、ヨーグルト、

卵、ピーナッツ、アーモンド、きなこ、大豆、高野豆腐などを食べましょう。

 

スポンサードリンク

ストレス社会の現代、体調不良を感じたらまずは自分でチェックまとめ

 

人の体は長い間ストレスを受けていると人の心はかなり疲れてしまいます。

心と体が疲れてしまうと体の病気にかかる可能性があります。

働きすぎて若い人が亡くなっているニュースがありますが、

強いストレスを受けると自ら命をたってしまうきっかけになります。

自分に合ったストレス発散方法をみつけましょう。

 

自分のストレスは何が原因になっているのか?を紙に一つずつ書いていくと

ストレスが溜まる原因がわかります。

ストレスが溜まると喉が痛くなる人、顔に吹き出物が出る人、

眠れなくなる人、体にじんましんが出る人など症状が一人一人違います。

ストレスを受けて心の声が無理しすぎじゃないの?などサインを出しています。

ストレスを発散することができるとストレスで起きる症状に悩むことを予防できます。

【ストレス発散方法】

ストレスが表れたら、心、身体、環境の3つのうち一番当てはまるか考えることが大切です。

無理をしない範囲でストレスを発散させるために

自分が好きな音楽、リラックスできる時間を過ごします。

自分が好きなことをしていると夢中になれる時間を楽しむことで、

ストレスを発散することができます。

 

心にストレスをためているなら自分が好きな飲み物を飲みながら

本を読むのはいかがでしょうか?

体にストレスをためているなら湯船に浸かると疲れが和らぎますよ。

さいごに

ストレスを受け続けていると体に症状が起こります。

ストレスが溜まりやすい人は普段の生活の中でストレスを発散できる時間をつくってみましょう!

スポンサードリンク