スポンサードリンク

周りから、いびきが酷いと指摘された事はないですか?

自分では、いびきをかいているなんて知らなかったという事もないですか?

そこで今回、いびきを止める方法についてご紹介したいと思います。

知ってました?いびきを止めるのに一番簡単なコツがあるんです!

いびきをかいている人というのは、

睡眠の際に、脳や心臓に負担をかけてしまっている

可能性があるのをご存じでしたか?

 

いびきをかいているのをそのままにしておくと、

身体に負担をかけてしまっている場合もありますので、

改善していく必要があります!

 

そこでいびきを止める方法についてご紹介したいと思います!

睡眠障害や、呼吸障害などが起きている場合は、

医療機関を受診することをおすすめしますが、

単純性いびきとよばれる普通のいびきなどの時の改善方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

1.口を開かないようにして寝る

口を開けて寝てしまうと、顎の筋肉が緩んでしまい、

舌や口蓋垂が喉の奥に落ちやすくなります。

マウスピースなどを装着して寝る場合などがあります。

2.鼻づまりを改善する

いびきの原因が喉の他に、鼻づまりが関係している場合があります。

鼻づまりが原因のいびきの場合、耳鼻科などを受診し、

鼻づまりの改善をしていきましょう。

 

これでいびきが改善された場合、

いびきの原因は鼻づまりだったということが考えられます。

3.枕の高さを変えてみる

いびきをかいている人に意外に多いのが、

高い枕を使っているといった可能性があります。

高い枕を使ってしまうと、首が前に倒れ、上気道を圧迫しやすいため、

自分に合った高さの枕を使う必要があります。

固めの低反発まくらなどを使ってみるのもおすすめです。

話題沸騰!いびきを止める便利なグッズおすすめランキングTOP3

いびきをどうにか改善したいと思った時に

いびき防止のグッズがあるのをご存じですか?

そこでいびきを止めるグッズおすすめトップ3をご紹介したいと思います!

1.ブリーズブライト

こちらの商品は鼻の気道を確保するのにおすすめの商品になります。

鼻の上に貼る事で、鼻腔を広げ、鼻呼吸しやすくなる商品です。

2.マウスピース

鼻呼吸は出来ているが、舌が喉の奥に落ちてしまって口を開けてしまう人には、

マウスピースがおすすめです。

舌が上顎に固定された状態になるので睡眠の質が良くなります。

また横向きで寝るなど寝方を変えてみるのもおすすめです。

3.口閉じテープ

口呼吸を防止するテープになります。

寝る際にこれを口に貼って寝るだけで良いのです。

これで口呼吸を予防し、ドライマウスや口臭などの予防にも期待できます!

さいごに

いびきは、ストレスからきている場合や、

鼻づまりや、思わぬ病気が隠れている場合があります。

いびきをそのままに、ほおっておかず、

改善できるうちに対処していきましょう。

スポンサードリンク