スポンサードリンク

子供は怪我をしょっちゅうしてしまうので常に傷がたえません。

傷跡が残らない方法をご紹介したいと思います。

Help!擦り傷の跡が色素沈着しちゃったらどうすればいいの?

 

傷跡を残さない薬を使う

医療用のヒルドイドは、皮膚の再生を促す治療薬です。

前はヒダームという薬でしたがドラッグストアで、アットノンが売っています。

ビタミンCをとる

傷跡を残さないために必要な栄養素はビタミンCです。

ビタミンCが足りなくなると皮膚が再生できなくなるので、

コラーゲンを作ることができなくなるので傷跡が残ってしまいます。

食事からビタミンCをとるようにしましょう。

スポンサードリンク

伝授します!お子さんの擦り傷の跡の確実な治し方解説

アロエクリーム

アロエはやけどだけではなく傷跡に使えます。

傷跡を綺麗に洗った後に、アロエのクリーム、ローションなどを塗りましょう。

日中は気になって傷口を触ってしまう可能性があるので寝る前に塗りましょう。

 

アロエは生の物でも大丈夫です。

傷口が乾いたら新しいアロエと交換します。

縫うほどの大きな傷はアロエを塗っても効果が得られないので

クリーム状のアロエがおすすめです。

 

塗る量は傷が隠れるくらい塗って上からガーゼで覆うか、

塗ってそのままでも大丈夫ですよ。

市販品の薬を塗ってみる

最近はドラッグストアでも傷跡に塗れる薬が販売されています。

市販で売っている薬はシリコンを傷につけることで

傷跡を薄くして盛り上がっている傷を平らにする効果があります。

傷ができてから1年以上たっても使えることが多いです。

 

使う前に薬剤師さんへ相談して自分の傷跡にあった薬を選ぶようにしましょう。

傷を見せるためにも子供を一緒に連れて行きましょう。

 

市販薬はアットノン、ヘパリンZ、トリポロンなどがあります。

傷によって使う薬が違います。

 

トリポロンはシートタイプなので寝る前に貼りましょう。

かさぶたが取れたら使うようにしましょう。

 

アットノンは1日1回だけではなく何回か傷跡に塗ります。

クリームタイプとジェルタイプの2種類があります。

色が透明で塗っても目立たちません。

赤み、傷口が盛り上がった時、1年くらい時間がたった傷跡にも効果があります。

 

ヘパリンZは1日に何回か塗ります。白色のクリーム状で塗りやすく目立ちにくいです。

傷口は乾燥させない

傷ができたら乾燥させないようにしましょう。

傷口から出てくるじくじくとした液は

傷口を治そうとする働きがあるので洗い流さないようにしましょう。

紫外線に当てない

日光に傷口が当たると乾燥してしまいます。

紫外線は傷の治りが遅くなってしまうので

帽子、日傘などで隠して日焼けをしない。

さいごに

傷が治ったと思えば次から次へと新しい傷を作ってしまいます。

傷の治りが遅いなと思ったら市販の薬を試してみてはどうでしょうか?

傷口が乾燥しないようにアロエを塗って保湿をしましょう。

 

スポンサードリンク