スポンサードリンク

洗濯物を干すとき、生乾きのようなニオイが気になる…。

洗濯後、洗濯機から服を出したら、黒いゴミが付いていた…。

 

そんなお悩みをお持ちの方へ質問です!

洗濯機の中の掃除、ちゃんとしていますか?

 

洗濯槽は、想像以上に汚れているものです。

ニオイやゴミの原因は、溜まりに溜まったカビ!!

汚れた機械で汚れた服を洗っても、

キレイになるはずがありません。

 

そこで今回は、本格的に梅雨が始まる前に、

洗濯槽をスッキリきれいにする方法をご紹介します。

【注目!】これであなたもマスター!洗濯槽の正しい掃除の手順

洗濯槽のカビ汚ればかりが気になりますが、

実は他にも汚れている箇所があります。

 

洗剤を投入するケース部分や乾燥フィルター、

ごみ取りネットなどのパーツ部分、

それから、洗濯槽のフチの部分です。

ドラム式洗濯機の場合は、洗濯槽のパッキン裏も

汚れがたまりやすい箇所です。

 

まずは、外せるパーツを全て外して、

それぞれぬるま湯(40~50度)で洗っていきましょう。

洗剤や柔軟剤がこびりついている場合もあります。

そんなときは、お湯で溶かして、不要になった歯ブラシなどで擦ると

汚れが落ちやすくなります。

 

洗濯槽のフチやパッキン裏は、タオルなどで

汚れを拭き取っていきましょう。

 

そして、いよいよ洗濯槽の洗浄です!

今回は、酸素系漂白剤を使用する掃除方法をご紹介します。

スポンサードリンク

・お湯を高水位まで溜めます。お湯の温度は40~50度。

・①とは別に、洗面器にお湯を用意し、酸素系漂白剤を投入。

 溶かしていきます。パッケージの表示をよく読んで正しい分量を入れましょう。

 ゴム手袋をしてかき混ぜ、完全に溶けたら洗濯槽へ入れます。

・洗濯機を「洗い」のみのコースに設定し、数分間回します。そのまま3時間放置します。

浮かんできた汚れをすくい取りましょう。

・工程③④をもう一度繰り返します。それでも汚れが出てくる場合は、もう一度繰り返します。

・洗い→すすぎ→脱水をします。

・洗濯槽の中を確認し、細かい汚れがあればタオルで丁寧に拭き取りましょう。

・最後の仕上げに、もう一度きれいな水で、洗いから脱水までの通常コースを行います。

 

※ドラム式洗濯機の場合は、水を溜めすぎると

扉を開けてゴミをすくうことができませんので、

扉が開くギリギリの水位で行ってください。

 

※塩素系漂白剤を使用する際は、掃除方法が異なります。

商品パッケージの説明通りに行なってください。

またお湯ではなく水で洗ってOKです。

知っておきましょう!洗濯槽の掃除にオススメの洗剤、NGな洗剤

洗濯槽のお手入れには、漂白剤(クリーナー)が必要です。

漂白剤には酸素系と塩素系がありますが、

この二つはどのような違いがあるのでしょうか。

 

酸素系(過炭酸ナトリウム)はカビをはがしてキレイにする力があるのに対し、

塩素系(次亜塩素酸ナトリウム)は強い殺菌力でカビを分解する働きがあります。

よく、酸素系の方がカビ汚れを落としやすいといわれていますが、

それは、カビがはがされるため、目に見えやすいからだと考えられます。

【主な酸素系漂白剤】

・手間なしブライト

・ワイドハイタ―

・シャボン玉洗たく槽クリーナー

【主な塩素系漂白剤】

・カビキラー洗濯槽クリーナー

・Panasonic洗濯槽クリーナー

 

酸素系クリーナーはお湯を使用し、さらに、

浮いてきたゴミを取り除く作業がありますので、

時間と手間がかかります。

 

塩素系クリーナーは、ツンとくる特有のニオイがあります。

また、他の製品と混ぜると有害ガスが発生します。

取扱いには十分な注意が必要です。

 

どちらかが良いということはありません。

それぞれの長所、短所を考慮して、

ご自宅の洗濯機に合う方を使用することをオススメします。

さいごに

洗濯槽の掃除の頻度は月に一回ペースが良いといわれています。

酸素系と塩素系、どちらのパワーも欲しいからと言って両方混ぜてしまうと、

効果がなくなり、全く無意味な掃除になってしまいます。

 

そのような場合は、まず酸素系のクリーナーを使用して、

その次の月は塩素系を使うというように、交互にすると良いでしょう。

 

きれいな洗濯機で、梅雨時でもカビ臭に

悩まされない毎日を過ごしたいですね!

スポンサードリンク