スポンサードリンク

一人暮らしを始めたときに買った愛用のフライパン。

サイズも重さもちょうど良いし、何より使い慣れていて、

自炊のときには欠かせない存在。

 

でも、どんなに大切に使ってきても、

うっかり焦がしてしまったことはありませんか?

 

一度や二度なら割とすぐ焦げは取れますが、

回数を重ねるごとに、なかなか取りにくくなりますよね。

さらに、焦げ癖がついてしまい、ちょっとしたことで

内側にこびり付いてしまうことも…。

 

寿命だと諦めて新しいものを買おうと思っている方、

ちょっと待ってください!!

フライパンの焦げ、実は結構簡単に取れるんです!!

焦げ焦げフライパンをピカピカに生まれ変わらせる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

焦げを取るために、スポンジに食器用洗剤を付けて

擦り洗いする方も多いと思います。

多少の焦げなら取れますが、力が要りますし、時間も相当かかります。

 

また、フライパンを傷つけてしまうと、

それがさらなる焦げ付きにつながってしまいます。

 

そこで登場するのが、

「重曹」!!

 

焦げ付いたフライパンに、水と重曹を入れます。

割合は、コップ一杯の水に対して、重曹は大さじ2。

火にかけて、沸騰させながら、10分ほどぐつぐつ煮ます。

 

そのまま放置し、冷めるまで待ちます。

一晩置いても大丈夫です。

冷めたら、スポンジで軽く擦ってみてください。

あんなに頑固だった焦げが、あっという間に取れてしまいますよ。

 

重曹はお掃除に万能の粉です。

持っていない方は、買っておいて損はありませんよ。

スポンサードリンク

フライパンの焦げの落とし方・頑固な外側はこうやって攻めましょう!

フライパンの外側に付いた焦げも気になりますよね。

買い替える前に、外側の焦げを落とす方法を

チャレンジしてみてください。

 

必要なものは、フライパンが入るぐらいの大きな鍋。

そして、またまた・・・

 

重曹!!

 

そうです。

先ほどご紹介した、内側の焦げを取る方法と同じです(笑)

 

大きい鍋に水を入れて、重曹を加え、沸騰したら

フライパンを入れて15分煮ます。

そして、冷めたらスポンジで軽く擦ります。

 

この方法の欠点は、焦げついたフライパンが大きい場合。

フライパンが入るぐらい大きな鍋なんて、そうそうありませんね。

そんなときは、専用グッズを使うことをオススメします。

 

研磨剤「火山灰シラスを使った汚れ・焦げ落とし110番」や、

焦げ落とし用洗剤「ソコフ」など、

ホームセンターやネットショップで専用グッズがたくさん売られています。

 

フライパンの種類によって使えるものと使えないものがありますので、

ご購入の際には十分注意しましょう。

最近のフライパンはスゴイ!焦げ付かないスグレモノBEST3

普段、フライパン売り場に行くことってそれほどないですよね。

しかし、いざ、購入しようと足を踏み入れてみたら、

その種類の多さにびっくり!

そして、どれを買ったら良いのかオロオロ(笑)

 

フライパンは我々の知らないうちに、

どんどん進化をとげているようです…

 

最近のフライパンで、焦げ付かなさに特化したものをご紹介します。

 

【BEST1】ブルーダイヤモンドコートフライパン(パール金属)

フッ素樹脂の耐久性を上げるために、

ブルーダイヤモンドを混ぜてコーティングしているので、

とにかく焦げ付きにくいと評判です。

軽いタイプ、ガラスの蓋付きのタイプ、IH対応タイプなど種類が豊富なのも嬉しいですね。

【BEST2】IHハイキャストグルメタイプフライパン(北陸アルミニウム)

ガス、ハロゲンヒーター、家庭用IHなど、どの熱源にも対応している優れモノ!

少し深めのつくりなので、調理の際にこぼしにくくなっています。

3層のフッ素樹脂加工で、汚れの落ちやすさもバッチリ!

【BEST3】IHルビー・エクセレンス(ティファール)

このIHルビー・エクセレンスは、

6層ものチタン・エクセレンスコーティング加工で、

とにかくこびり付きにくいのが特徴です。

予熱完了・適温を合図してくれるマーク付きで、もっとお料理上手になれるかも!

さいごに

いかがでしたか?

最近のフライパンはフッ素樹脂加工されたものがほとんどです。

焦げ付かない!と宣伝されているものも多く見かけますが、

一つ覚えておいていただきたいのが…

 

絶対に焦げ付かないというフライパンは存在しない!

 

どんなに優れた技術で加工されているフライパンも、

耐久年数というものがあります。

そして、使い方を間違うと、耐久年数に達する前に

焦げ付いてしまうのです。

 

一番大切なのは、フッ素樹脂加工のフライパンは、

決して強火で使わないということです。

説明書にも書かれていると思いますので、

使う前に必ずチェックしてみてくださいね。

 

また、焦げの原因を作らないことも重要です。

使ったらすぐ洗う、濡れたままで火にかけないなど、

毎日のちょっとしたことで焦げ付きは防ぐことができるのです。

きれいなフライパンで、ストレスなくお料理できることを願っています。

スポンサードリンク