スポンサードリンク

 

エアコンが壊れてしまったり、引越しなどで処分しなくてはいけなくなった場合

エアコンを処分するにはリサイクル料がかかります。

 

家庭で粗大ゴミに出すことができない家電で、

家庭リサイクル法により処分方法が決められています。

 

そして、エアコンを処分する時にはリサイクル料がかかります。

メーカーや機種によって違いがあります。

 

エアコン処分を無料でやってくれるところあるの?!詳しく解説します!

エアコンの廃棄処分でリサイクル料を支払う方法は

・料金販売店回収方式

・料金郵便局振込方式

があります。

 

また、今はエアコンを無料で回収してくれる業者もあります。

廃品回収業者はエアコンを無料で回収してくれるところもありますが

取り外し工事は有料という業者や、取り外してないからと断られることも

あるため自分で取り外しができるなら利用しても良いでしょう。

 

他にネットで検索をして無料回収業者を探して依頼する方法もあります。

エアコン無料回収を行っている業者は数多くありますが、

取り外しは料金が発生したり、穴埋めは有料など

回収は無料でも、他で料金が発生してしまう場合があります。

無料回収を利用するなら、しっかりと調べて依頼しましょう。

 

無料回収業者は、回収したエアコンを資源回収業者などに

買い取ってもらっています。

なので、手間と時間が必要ですが自分で資源回収業者に

持って行けば、エアコンの処分で数千円のお小遣いができます。

スポンサードリンク

ぜひ参考にして下さい!エアコン1台あたりの費用目安リスト

エアコンの処分料金は、業者の種類によっても異なります。

業者別に値段の違いを見てみましょう。

 

業者 取り外し料金 リサイクル料金

処分・引取り料

収集運搬料金

引越し・工事 5,000 2,500~3,000 4,000
電気屋さん 5,000 5,000 0
廃品回収 1,500~4,000 2,000 0

 

上記表のようになります。

1番安いのは廃品回収ですね。

 

廃品回収・引越し業者は専門ではないため、

取り外し工事でトラブルが発生しやすいです。

引越し・工事業者の場合は、不用品を回収したがらないので高めで設定されています。

 

トラブルが少なく、信頼して頼めるのは電気屋さんですかね。

でも、評判の良い電気屋さんを選びましょうね。

 

そして、注意しなくてはならないのがエアコンは家庭の排出ゴミです。

家庭ゴミを回収できるのは「一般廃棄物収集運搬業」という

許可を自治体から受けた業者です。

 

また「買取」ができるのは「古物商許可書」で公安委員会になります。

この場合は動いているエアコンは買い取れますが、

壊れたエアコンは買い取れません。

さいごに

エアコンの処分について解説してきました。

エアコンが壊れて買い換えるのであれば、新しくエアコンを購入する電気屋さんに

依頼するのが無難でしょう。

 

引越しなどで、エアコンが不要になった場合

自分で取り外せるなら廃品回収が安く済みます。

 

取り外して回収までしてもらうなら電気屋さんに依頼するのが

安心できるでしょう。

 

とにかく、違法な業者には騙されないようにしてくださいね。

スポンサードリンク