スポンサードリンク

 

7月に入るとお中元が届くようになりますね。

お中元が届いたらすぐにお礼状を書きます。

 

正式なマナーは便箋に手書きで縦書きに書きます。

一般的な書き方の流れは以下のようになります。

 

・頭語(拝啓など)

 

・時候の挨拶(季節を表す言葉)

 

御礼の言葉(頂いたお中元についての御礼の言葉)

 

・先方の健康について(相手の健康を気づかう言葉)

 

・結語(敬具など)

 

お中元を贈って頂いたことだけではなく、心遣いに対しても

感謝の気持ちを伝えるように書きましょう。

 

お礼状は、お中元に対しての感謝の気持ちを表すものです。

他の用事などを一緒に書くことはやめましょう。

お中元が届いたら失礼のないように書きましょう!礼状の書き方例文集

お中元を頂いたら2~3日以内にお礼状を作成し郵送するようにしましょう。

個人の場合はお中元を贈り合う場合がありますが、

お世話になった感謝の気持ちで贈る品なので、企業の場合はお返しは不要です。

 

宛名を記入するとき「手書き」と「パソコン」では記入する場所が

違うので注意点しましょう。

手書きで礼状を書く場合、文章の最後に書きます。

パソコンで礼状を作成する場合は左上に記載します。

スポンサードリンク

 

では、礼状の例文を紹介します。

 

上記例文はパソコンで作成した場合の例文になります。

 

本来ならば手書きが最も丁寧な礼状ですが、今はパソコンで作成した礼状を

郵送する企業が増えています。

 

また、封書ではなくハガキで礼状を送っても問題ありません。

こちらもマナーとして必須!お中元のお礼・はがきの場合の注意点

ハガキで礼状を書く場合は、内容が第三者に見られても大丈夫で

文章の量が少ないかなど考慮しましょう。

 

また、ハガキ全体が文字でギュウギュウにならないように気をつけましょう。

文字の配列と余白に気をつけバランスよく書くようにしてください。

 

封書と同じで「前文・主文・末文・後付」の順で書きます。

用件を簡潔にまとめて失礼がないように文章を書くようにします。

 

お礼状の前文に「時候のあいさつ」として季節や時期の文章を入れますが、

会社の代表として礼状を送るので、

特に注意して季節や時期に合った文章を書きましょう。

 

年中使える時候のあいさつで「時下」という言葉があります。

「ただ今」「この頃」「現在」という意味ですので、

どの言葉を選んでよいのか分からない時は「時下」を使うと良いでしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか。

個人・企業としてお中元を頂くと思いますが

お礼状はなるべく早く出すようにしたいですね。

スポンサードリンク