スポンサードリンク

 

お中元の時期ですね。

お中元を頂いたら、なるべく早くお礼状を出すようにしましょう。

 

お礼状の基本は「手書きで縦書きの手紙」ですが、

大切なのはお礼の気持ちをすぐに伝えることなので

今はハガキなどでも問題ありません。

 

お中元を贈って頂いたことだけではなく、心遣いに対してにも

感謝の気持ちを伝えましょう。

 

お中元をもらったらすぐにお礼しよう!①メールでの場合

現在ではビジネスの場面でも、

取り急ぎメールで感謝の気持ちを伝えることが増えています。

 

電話では先方に時間を取らせてしまったり、

忙しい時間では迷惑になることもあるので

電話ではなくメールを送りましょう。

 

ちょっとした心配りが大事です。

メールで取り急ぎお礼のメールを送った後に、改めて封書でお礼状を出しましょう。

封書やハガキでお礼状を書き、郵送するのがマナーですので忘れずに送ってください。

 

お中元のお礼状をメールにて送るときのポイントは、

 

宛名 会社名・部署名・名前(できればフルネームで入力するのがマナー)

を入力します。

前文 頭語→時候の挨拶→安否の言葉→日頃の御礼
主文 起こし言葉→主文(具体的な用件)

お礼・お祝い・ねぎらいの言葉などを、

相手に敬意を払いながら書くようにします。

内容は簡潔に分かりやすく書くようにしましょう。

文末 今後のお付き合いのお願い→先方の健康や繁栄を祈る→用件をまとめる

などを簡潔に書きます。

後付 結語→日付→自分の名前

 

上記はメールだけではなく手紙を書く時にも使えます。

 

その他の注意点は、お礼状には他の用事や用件などを一緒に書くにはやめましょう。

他の用件のついでとして捉えられてしまわないように、感謝の気持ちだけを書きます。

 

何に対するお礼なのか明確に分かるように記入しましょう。

スポンサードリンク

 

では、お中元のお礼のメール例文を紹介します。

あくまでもメールでのお礼状は略式です。

再度、正式な封書やハガキでお礼状を送りましょう。

お中元をもらったらすぐにお礼をしよう!②ハガキでの例文

ハガキでのお礼状の書き方は、

 

・頭語  ・時候の挨拶  ・相手の健康や商売の様子について

・お礼を述べる  ・相手の健康を気づかう言葉

・結びの言葉  ・結語

 

という順になります。

 

上記のような例文になります。

 

正式なお礼状は封書になりますが、お中元がたくさん送られてくる職場などでは

ハガキに印刷をして送る企業も増えています。

大事なのは、すぐに御礼を伝えることなのでメールを送ってから

ハガキでのお礼状でも問題ありません。

 

ただ、内容はメール同様に感謝の気持ちだけの内容にしましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

お中元のお礼状、メールとハガキの書き方についてご紹介しました。

 

お忙しいとは思いますが、ビジネスでもプライベートでも

お礼はできるだけ早く伝えましょう。

スポンサードリンク