スポンサードリンク

 

結婚式に呼ばれた際には、女性ゲストと同じように男性ゲストにも

結婚式のマナーがあります。

 

髪型は、さわやかで清潔感のあるような髪型にしましょう。

服装も、挙式や披露宴ではマナーを意識したほうが高感度が高いです。

他にヒゲや爪などのお手入れ・靴の汚れ・スーツのシワ

など身だしなみを、しっかりチェックしましょう。

 

女性同様、個性を主張しすぎるのは「マナー違反」です。

チーフやカフス、ネクタイピンなどでオシャレを楽しんでみるのは

良いかもしれませんね。

 

<結婚式高感度UP講座>髪型メンズ完全カタログ&人気ランキング

 

では、結婚式で高感度を上げるために

さわやか髪型・清潔感がある髪型をご紹介します。

スポンサードリンク

 

 

2ブロック外はねショート

 

ベリーショートで爽やかに!

 

ビジネスヘアで好印象UP!

 

紹介したのはショートの髪型ですが、結婚式に呼ばれたからといって

ロングの髪型なのに、わざわざショートにする必要はありません。

 

できるだけコンパクトに清潔感を出せばOKです。

後ろで1つに結んだだけでも好感度がUPしたりします。

 

結婚式で恥をかかないように!知っておこう、髪型のマナー5つの注意点

 

これから結婚式に呼ばれる機会が多くなるでしょうね。

出会いもあるかもしれませんね。

 

会場で浮きたくはないですし、女性うけも考えたいですよね。

髪型で注意すべきことを挙げていきます。

 

基本ですが、ボサボサ頭はNGです。

 

最近では長髪も認められていますが、食事が出る場なので

コンパクトにまとめましょう。

 

茶髪はOKです。

でも、目立ちすぎる金髪や個性が強調されているカラーは

マナー違反です。

 

スーツスタイルで出席することが多いので、スーツに似合う

髪型が良いですね。

ヘアスプレーやワックスなどで髪型が乱れないようにしましょう。

 

スーツに気を使うのに髪型には気を使わない人が多いです。

服装だけにこだわらずに髪型にも気を使いましょう。

 

ヒゲのお手入れも忘れずにしてください。

整えられていれば大丈夫ですが、無精ひげはNGです。

 

結婚式にふさわしい服装のポイント

 

髪型について書いてきましたが、服装も重要ですね。

そこで、服装についても簡単にまとめてみました。

 

スーツは「礼服」・黒・グレー・紺など落ち着いた色合いにしましょう。

リクルートスーツなどはNGです。

 

Yシャツは白の無地が1番無難です。

黒1色のネクタイはNGです。白のネクタイもゲストの立場ならば

避けたほうがいいです。

落ち着いた柄のネクタイにしましょう。

 

靴はキチンと磨いておきましょう。

 

さいごに

 

いかがだったでしょうか?

 

結婚式に出席する時の髪型のマナーについて

紹介してきました。

 

準備ができたら、あとは新郎新婦を心からお祝いしてあげてください。

そして、心から楽しんでくださいね。

スポンサードリンク