スポンサードリンク

 

暖かくなってきました。お歳暮に御年賀が終わったと思ったら

もうお中元を考えなくてはいけない時期です。

 

親戚に、お世話になった友人知人、会社の上司と大変ですよね。

お中元を贈るときは地域によって時期が違うのって知ってましたか?

 

お中元って元々は、三元のうちのひとつです。

三元とは、上元(じょうげん)陰暦正月15日、中元(ちゅうげん)

陰暦7月15日、下元(かげん)陰暦10月15日とあり、

道教における節日なんです。

 

現在では、お世話になった人や上司・会社の取引先などに

御礼や挨拶の品を贈るという「お中元」になっています。

スポンサードリンク

 

地域によって違うなんて初耳!お中元の時期、東北ではどうなの?

 

お中元は地域によって贈る時期が違うわけですが、

東北は、関東と同じ時期になります。

7月1日から7月15日の時期に「お中元」を贈ります。

 

もし7月15日までに贈れない場合は、8月7日頃の立秋までは

「暑中御見舞」、更に遅れたら8月末までには「残暑御見舞」

として贈りましょう。

 

ちなみに7月1日から7月15日までに「お中元」を贈る地域は

関東・東北・北陸の都市部になります。

 

間違えたら大変だから知っておこう!お中元の時期、九州はいつ?

 

九州で「お中元」を贈る時期は、8月初旬から8月15日までになります。

8月15日過ぎてしまった場合は8月末までに「残暑御見舞」として

贈りましょう。

 

ちなみに8月15日までに「お中元」として贈れる地域は、

北海道・東海・北陸の能登など・関西・近畿・中国・四国

などがありますが、贈り始めていい時期は7月15日からが多いようで

8月初旬からは九州だけになります。

 

最近は、どの地域でも贈る時期も年々早まっているようです。

 

お中元のマナー講座を伝授!!

 

正式なマナーは「外のし」です。

ただ、最近は宅配便で贈る場合が多いので

「内のし」が一般的になりつつあります。

 

宅配便で贈る場合は「内のし」

持参する場合は「外のし」と使い分けたほうが良いでしょう。

 

自分が喪中でも、送る相手が喪中でも感謝の気持ちとして贈るので

問題はありません。

 

ただ、初七日がすんでいないなどのときは

贈る時期を少しずらして贈りましょう。

 

お中元とお歳暮、本来は意味が異なるため

必ず両方贈らなければならないということはありません。

 

1回贈れば十分なので、1年間お世話になりました

と「お歳暮」を贈るだけでも大丈夫です。

 

お中元は、半年間お世話になった方に感謝の気持ちで贈るので

お世話になった親戚・両親・上司・恩師や先輩・結婚して入れば仲人

などが一般的に贈る相手になります。

 

さいごに

 

いかがだったでしょうか?

お中元を贈る時期が地域によって違うのは驚きました。

 

何を贈るにしても、相手側に失礼にならないよう

自分が恥をかかないように、よく調べてから

贈るようにしないといけませんね。

スポンサードリンク