スポンサードリンク

 

お中元とは、旧暦の1年を2回にわけ、

その節目になる7月15日を「中元」といいます。

 

お世話になった家や人に贈り物をした習慣が

「お中元」と言われるようになりました。

 

「お中元」と「お歳暮」は、ほぼ同じ意味です。

 

そして、お中元は地域によって送る時期が違います。

 

お中元の時期ってエリアによって違うの?!関西はいつ頃からなの?

 

お中元はエリアによって贈る時期が違いますが、

関西では、7月15日から8月15日の送る習慣がありました。

しかし、近年では早く贈る傾向にあるようです。

 

ですが、古くから関西に住んでいる方は

旧暦を基準に7月15日から贈るようです。

 

もし、8月15日過ぎに贈る場合は「残暑御見舞い」として8月末までに

贈るようにしましょう。

スポンサードリンク

 

それではお中元の時期、関東ではいつ?知りたいです!

 

関東では新暦を基準にするので7月15日までに贈るようにします。

それ以降に贈る場合は8月の立秋頃までは「暑中御見舞い」

立秋を過ぎてしまう場合は、「残暑御見舞い」になります。

 

ちなみに、他の地域でもお中元を贈る時期が違います。

 

北海道

7月15日から8月15日まで

東北 

関東と同じで7月1日から7月15日まで

北陸 

都市部では7月1日から7月15日

能登などでは7月15日から8月15日まで

エリア内でも分かれるため7月15日に贈るのが無難です。

東海 

元々はお盆の時期とお中元の時期は一緒で

7月15日から8月15日まででしたが

最近は関東の影響を受けて7月中旬に贈る方が増えています。

 

中国・四国は関西と同じ時期です。

九州は8月1日から8月15日までとなりますが、

どのエリアも送る時期が早まっています。

 

 

お中元を贈る時の注意するべきマナー

 

上記でエリア別に、お中元を贈る時期が分かりました。

では、贈る時に気をつけるマナーですね。

これからもお付き合いがある・お付き合いしたい企業に失礼があっては

いけませんから、しっかりチェックしてください。

 

お中元は、感謝の気持ちで贈るものでから贈る相手のことを考えなくてはなりません。

相手が政治家・公務員・公立学校の先生などは贈り物をするのは禁止されています。

贈った自分も、贈った相手にも迷惑がかかるため贈らないように気をつけてください。

 

それから、自分や贈る相手が喪中の場合は問題ありません。

しかし、あまりご不幸から時間が経ってない場合は贈る時期をずらしましょう。

 

贈る相手について「これからも継続的にお付き合いがある」場合は

「お中元」でいいのですが、1回限りのお付き合いの場合は「御礼」

として贈るようにします。

 

贈る相手の所在地や担当者などは、変更されていることがある場合があります。

社名・所在地・担当部署・担当者名などはリスト化して毎回見直しをしてください。

そして、好き嫌いやアレルギーがあるかなども把握しておくと良いですよ。

 

贈る相手が企業か個人かで贈るものを使い分けるようにしましょう。

一般的にお中元の相場は3,000円~5,000円くらいです。

時期に見合ったものを贈るようにしてくださいね。

 

さいごに

 

お中元を贈る時期が地域によって違うのは

私も初めて知りました。

 

本来は相手先へ訪問して渡すのですが、最近はデパートや通販で

直送するのも増えています。

 

直送する場合は、挨拶状を同封するか手紙やハガキを出すのがマナーです。

あいさつ文と何を・いつ・どこから送ったかを記載しましょう。

 

大事な取引先と良い関係を続けていくために失敗しまいように

気をつけましょうね。

スポンサードリンク