スポンサードリンク

 

お中元は、地域によって贈る時期が違います。

その基準は「お盆」がいつかによるんです。

 

「お盆」を7月15日に行う地域は7月1日から7月15日まで

8月15日に行う地域は7月15日から8月15日までに

お中元を贈ります。

 

お中元は、お世話になっている方に感謝の気持ちを贈るのですから

失礼にならないように贈る時期とマナーをご紹介します。

スポンサードリンク

完全永久保存版!お中元はいつ?地域ごとに詳しく説明します!

 

まず、地域ごとにお中元を贈る時期と

もし時期を過ぎてしまった場合を解説します。

 

北海道 お中元は7月15日から8月15日まで

8月15日を過ぎる場合は8月末までに「残暑御見舞」として贈ります。

北東 お中元は7月1日から7月15日まで以降8月7日頃の立秋までは「暑中御見舞」になり、立秋以降8月末までは「残暑御見舞」となります。
関東 東北地域と同じで、7月1日から7月15日まではお中元

立秋頃までは「暑中御見舞」立秋過ぎから8月末までは「残暑御見舞」になります。

北陸 関東・東北と同じになります。7月1日から15日まで「お中元」

立秋頃までは「暑中御見舞」それ以降8月末までは「残暑御見舞」になります。

東海 7月15日から8月15日までは「お中元」8月15日以降8月末までは

「残暑御見舞」になります。

関西・近畿 東海地域と同じになります。7月15日から8月15日までは「お中元」

8月15日以降8月末までは「残暑御見舞」です。

中国 東海・関西地域と同じで7月15日から8月15日まで「お中元」

8月15日以降8月末まで「残暑御見舞」になります。

四国 関西や中国地域と同じで7月15日から8月15日まで「お中元」

それ以降8月末までは「残暑御見舞」です。

九州 中国・四国地域と同じになります。7月15日から8月15日まで「お中元」

それ以降8月末までは「残暑御見舞」になります。

 

上記のようになりますが、各地域「お中元」を贈る時期は早まっている傾向にあります。

 

エリア別!お中元はいつからいつまで?期間とその礼儀作法紹介!

 

上記で地域別に「お中元」の時期などを紹介しました。

では、次は礼儀作法を紹介します。

 

お中元の一般的相場は、3,000円~5,000円になりますが

自分や相手の経済状況を考慮して金額を変えましょう。

 

贈る相手が公務員の場合は贈るかどうか考えなくてはなりません。

親戚や古くからの友人ならば贈っても問題はありませんが、

利害関係者からの場合は受け取れません。

 

今は利害関係に関わらず受け取り拒否を通達している職場もあるため

公務員の方に贈る場合は、事前に確認するようにしましょう。

 

自分や贈る相手が喪中の場合でも「お中元」を贈ることは問題ありません。

しかし、不幸から時間が経っていない場合は時期をずらしましょう。

 

お中元は「感謝の気持ち」なので貰ったからといって

返さなければいけないということはありません。

 

でも、お返しするしないに関わらず、お礼の連絡はしましょう。

お返しをする場合は、お中元ではなく「暑中御見舞」や「残暑御見舞」

として贈るようにします。

 

お中元は、基本的に相手宅に持参するのですが、

贈り相手が遠方の場合や、都合上持参できない場合は

宅急便で送ります。

 

宅急便で贈る場合は、送り状を郵送します。

品物に同封するか、品物が届く前に送り状が届くようにしましょう。

 

挨拶・日頃のお礼・何を、いつ、どこから送ったかなどを記載します。

 

さいごに

 

お中元やお歳暮などは、毎年のことなので大変ですよね。

 

ちなみにお中元とお歳暮は贈る時期が違うだけで同じ意味合いです。

お世話になっている方には両方贈ったほうがいいのですが、

どちらかだけ贈るということでも構わないです。

 

ただし、どちらかだけ贈るのであれば「1年間の感謝の気持ち」として

お歳暮を贈りましょう。

 

お中元を贈るのに地域で時期があるのを初めて知りましたが、

この時期も曖昧な部分があるので厳密ではなく

7月15日頃に相手宅に届くようにすれば失礼には当たりません。

スポンサードリンク