スポンサードリンク

 

友達や彼女にいびきがうるさいことを知られるのは

少し気が引けますよね。

 

その場しのぎでもいいから、

いびきをかきたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

今回はそのいびきの原因とその防止策を紹介します。

ココだけの話!男性の皆さん、いびきのうるさい原因はこちらです!

■首周りの脂肪

最も多いいびきの原因で、太っていたり、

太っていなくても運動不足で首周りに脂肪があると、

気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

鼻づまり

寝ている間は通常、鼻呼吸をしますが、

鼻が詰まっていると鼻呼吸ができず、口呼吸になります。

寝ている状態の口呼吸では気道が狭く、いびきをかきやすくなります。

扁桃腺が大きい

扁桃腺が大きいと気道が狭くなり、いびきがかきやすくなります。

扁桃腺の大きさは中学生ごろまでは肥大し続け、

そこから徐々に小さくなっていきます。

稀に扁桃腺が大きいまま小さくならなかったり、

細菌やウイルスの感染により大きくなることがあり、

いびきの原因になります。

顎が小さい

顎が小さいと顎周辺の筋肉も弱く、寝ているときに舌を上手く支えられず、

気道を狭くしてしまい、いびきの原因となります。

飲酒

アルコールを飲むと筋肉を緩める作用が働き、

寝ている間に舌を上手く支えられなくなります。

この場合は一過性のいびきで、アルコールを飲まなければ特に問題ありません。

スポンサードリンク

自分で何とか出来る!いびきの原因別対処法&おすすめグッズ紹介

◆適度な運動やマッサージで脂肪を落とす

首の周りの脂肪が多い人は、適度な運動やマッサージで脂肪を落としましょう。

すぐにいびきが解消されるわけではありませんが、

いびきを治すには必要なことです。

また、一時的ではありますが、

寝るときに横を向いて寝ると気道が確保でき、

いびきをしにくくなります。

◆一時的に直す方法で乗り切る!

鼻づまりによるいびきの場合は、

鼻づまりを解消すればいびきも治りますが、一時的に治したい場合は、

ドラッグストアなどで売られているいびき防止テープなどがあるので

それを貼って寝るようにしましょう。

 ◆手術という選択肢もある

扁桃腺が大きい場合は、大人になってからでは小さくならないので

いびきを解消するには扁桃腺を切除する必要があります。

 ◆マウスピースで対処

顎が小さい場合は、マウスピースを使って対処できます。

しかし、これは防止するだけなので治すには

顎の骨を前に伸ばす手術をする必要があります。

 ◆アルコールを控える

飲酒によるいびきの場合は、アルコールを控えればいびきを防止できます。

どのくらい飲んだらいびきが出るのかを理解しておくのもいいかもしれません。

さいごに

いびきにはさまざまな原因があります。

 

自分がどのような原因でいびきをかいているのか

ちゃんと理解しておくことも大切です。

 

ぜひこの記事を参考にしていびき対策をしましょう。

スポンサードリンク