まずは復習!これで七夕の由来を子供にも簡単に説明できる!


スポンサードリンク

七夕の由来はご存知ですか?

いくつかの説が七夕の起源となっているのですが、少し複雑です。

ですが短冊に願いを込めたり、星を探してみたりと七夕は小さな子供でも楽しめる行事。

だからこそしっかり由来を知って子供にも分かるように説明してあげたいですよね。

七夕の由来をしっかりと踏まえつつ、子供にどう説明すれば良いか考えてみましょう。

これで七夕のことがまるわかり!由来や意味をズバリ徹底解説します!

七夕は重要な一年の内の節句の一つ。

幼い頃から馴染みもある七夕と言われる理由となった3つの説を解説します。

1.七夕をたなばたと読むのは棚機(たなばた)から

昔の日本では神様へお願いをする為に乙女が機を織り棚に供えるという行事がありました。

棚機女(たなばたつめ)と呼ばれる乙女が清らかな水辺の機屋といわれる場所で

棚機(たなばた)という織り機を使い着物を織ります。

それから仏教が伝わり7月7日の夜に行われるようになりました。

2.中国の行事「乞巧奠(きこうでん)」

現在の七夕の日と同じ7月7日に織女星へお祈りを捧げる行事。

機織りはもちろん書道や芸術関係の願い事を行います。

祭壇に針を供えてお祈りを行います。

3.織姫と彦星

有名な離れ離れとなった織姫と彦星が七夕に会えるというストーリーも

中国からの言い伝えです。

織姫は機織りや裁縫を司ること座のベガとも呼ばれる織女星、

彦星は農業を司るわし座のアルタイルと呼ばれる牽牛星です。

一年の中で最も7月7日にこの二つの星が輝いて見えることから

この日に二人が会えるという伝説が生まれました。

スポンサードリンク

七夕のことがわかったら、由来は子どもにはこう説明しましょう!

子供の年齢にもよりますが、上に書いたようなことを語っても

イマイチピンと来ないかもしれません。

真面目に七夕の由来や行事の意味を伝えたい!という方は

中国の行事から伝わったという事、

裁縫を司る織姫の星にお願いをする行為が短冊に願い事を

書く用になったと教えましょう。

逆にまだ幼いからもっと簡単に教えてあげたい!という方は

織姫と彦星のストーリーを解説してあげましょう。

夜空を見上げながら「あのお星様にお願いするんだよ」と

実際に二つの星を教えてあげると良いですね。

さいごに

子供が小さい内は織姫と彦星のストーリーを知っていれば十分かと思います。

探求心のあるお子様が何で何で?と聞いてきたら答えてあげたら良いと思いますが、

そうじゃなくて最初から中国うんぬんの話をしても分からなくて

逆に興味が無くなってしまわないか心配です。

夜空を眺めながら二人は会えたかな~なんて考えるくらいが

調度良いのではないのかなと思います。

ある程度子供が大きくなったころに「七夕って実はこんな由来があってね…」と

教えてあげると良いですね。

どちらにしても夜空の星を眺めながら昔の行事を満喫することをオススメします。

そうするときっと子供とのいつもと違った素敵な夜を過ごすことができますよ!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です