スポンサードリンク

 

短冊の願い事の書き方があるってご存知でしたか?

年に一度の七夕にせっかく参加するのであればお願いが叶うように書きたいですよね。

保育園や小学校でも七夕の行事があるところは多いです。

子供にもちゃんと教えてあげられるように短冊の書き方について知っておきましょう。

七夕スペシャル!願いが叶う短冊の作り方をこっそり教えちゃいます!

 

お願いするものだから「~になれますように」と書いているという方は必見です。

 

実は短冊に書く言葉はお願いする言葉ではなく、宣言、断言するもの。

「~になれますように」と書くのではなく「~になる」、

「~ができますように」ではなく「~をする」

など誓いをたてるのです。

スポンサードリンク

 

せっかく書いた願い事も誰のお願いか分からなければ意味がありません。

神様に分かりやすいように名前は忘れずに書きましょう。

他の人の目に付かないところで飾るのであれば住所も書いた方が望ましいです。

 

ちなみに織姫は機織りや裁縫を司る星。

七夕の由来となる中国では裁縫や芸術関連のお願いごとをしていましたが、

現在の日本の七夕では基本的には何をお願いしても良いようになっています。

ですが星の特性が気になる方は少し意識してもいいかもしれませんね。

ちなみに彦星は農業の星です。

 

ココで豆知識!七夕の短冊、色別に願い事の意味が違うって知ってた?

 

短冊は色によっても意味が違ってきます。

単に好きな色を選ぶより意味を理解してかけたら効果も高まりそうですよね。

 

意味としては五常、五徳の「仁・義・礼・智・信」による5色の色が短冊にもあります。

 

・青=仁…他人を思いやる優しい心

・赤=礼…感謝を忘れない謙虚さ、礼儀正しさ

・黄=信…人を欺かない真っすぐな正直な心

・白=義…世の為の善の心

・紫(黒)=智…善いこと悪いことの正しい判断

 

人として守るべき5つの心が短冊の色の意味となっています。

生活を送る中でとても大事な事ばかりですね。

自分の願い事がどれに当てはまるかを考えて、それに合った色の短冊を使いましょう。

 

さいごに

 

七夕の短冊と言っても、思っていたよりとても奥が深く感じられたのではないでしょうか。

これからはしっかりと宣言して短冊の色にも気を付けましょう。

そして五徳にもあるように自分だけではなく、

他の人が名前を書いていなかったり、

短冊の色で迷っていたりしたら教えてあげると良いですね。

 

今回学んだ事を覚えておけば他の人のお願いもサポートできるチャンスです。

神様にもお願いをするだけではなく、感謝の気持ちも忘れずに込めましょう。

 

スポンサードリンク