スポンサードリンク

夏に近づき雨の日が多くなると梅雨だなぁと思いますが、

なぜ「梅雨」で「つゆ」って読むのでしょうか?

 

日常ではよく使われますが、いざ説明するとなると困ってしまうと思います。

「雨」の漢字が使われているのは分かるけど何故「梅」がつくの?

しかも合わせて「つゆ」って何でだろう…という素朴な疑問、

そして、名前の由来と、なぜ「梅雨」って書くのか漢字はどこから来たのか

その他の気象の名前の由来について今回は説明いたします。

 

 

梅雨という名前の由来とは?

 

梅雨は日本だけではなく中国や台湾でも使われていたのですが、

日本で使われ始めたのは江戸時代から。

 

なぜ「梅」の漢字が使われているのかについては、2つの説が有力だと言われています。

 

1.梅の実が熟す時期に降る雨なので梅雨となった

2.黴(カビ)が生えやすい季節の雨で「黴雨」だったが、

語感の良い季節に合った「梅」になった

 

そして最初は「ばいう」として日本に伝わったのですが、

「つゆ」とも呼ばれるようになります。

 

「ばい」だと「梅肉」や「黴菌」などにも使われているため、

まだ「つゆ」と読むよりは納得できますよね。

 

それが現在では「つゆ」と呼ばれるようになったのかも2つ説があります。

 

・梅の実が潰れることを「潰ゆ(つゆ)」と読むため

・雨によってできた「露」の読みをつけた

 

やはり季節に関連した読み方がつけられています。

どちらに関しても未だに明確にはされていないのですが、

「梅雨」となった由来は梅の実の季節という事が大きく関係しています。

 

スポンサードリンク

 

「梅雨」漢字の由来とは?

 

では、漢字はどこからきたのか気になりませんか?

 

中国では長雨のことを「黴雨」(バイウ)と呼んでいました。

長雨で食べ物などにカビがはえてしまうことから「黴雨」なんです。

日本に伝わるときに風情がないと言うことで「梅雨」になったということです。

 

気象にも風情とか考えてたんですね~

梅と雨の季節だから「梅雨」考えてもみませんでした。

 

その他気象用語の由来も解説!

 

今回説明した梅雨以外にも雨に関連する言葉は色々あります。

その中から聞いたことがあるだろうという言葉を抜粋して簡単に解説します。

◆晴れ

 

青の澄み切っていると、太陽の日をあわせて晴れと表現されるようになった。

 

◆春一番

 

1859年に漁師53名が春の強風にあい、全員遭難したことから、

春に初めて吹く強い風を「春一番」と呼ぶようになった。

 

◆雨 

 

古くから草木を潤す水神として考えられています。

語源は、「天(あめ)」「天水(あまみづ)」と言われています。

 

◆かみなり(雷)

 

昔、本当に神が鳴らすと信じられていたため「神鳴り」

(雷)中世以降に使われる言葉で以前は「なるかみ」「いかづち」

 

◆いかづち

 

本来、恐ろしい神を表す言葉ですが、自然現象の中でも恐ろしく

(雷)神と深い関わりがあったと考えられていたことから「雷」になった。

 

◆雪 

 

大雪の年は豊年になると考えられていて信仰の対象でした。

「神聖であること」を意味する「斎(ゆ)」と、「潔白(きよき)」の「き」で

「雪」など言われていますが、正確な語源はまだ分かっていないです。

 

◆嵐

 

昔は、山から吹きおろしてくる風を「あらし」と呼んでいて、

「万葉集」などでは、「山風」「下風」「山下」なんていう漢字も

使われていました。

 

◆台風

 

昔は、「野分き」と呼んでいました。

明治時代の末に「颱風(たいふう)」と呼び始め

1946年以降は当用漢字が当てられ「台風」になりました。

 

◆津波

 

「津」は、「港」を意味していて、港を襲う波だから「津波」です。

ちなみに「津」は「万葉集」でも出てくるそうです。

 

◆五月雨(さみだれ)

 

同じく梅雨なのですが5月に長引いて降る梅雨のことです。

「さ」と「みだれ」の大きく二つに分けて作られています。

五月(さつき)の「さ」、水垂れの「みだれ」が合わさり「さみだれ」となります。

 

二つの意味をそのまま足しても「五月に水が垂れる」という

雨の時期に当てはまる意味になります。

 

◆村雨(むらさめ)

 

激しく降ってすぐ止む雨という意味です。

雨雲が群れになって降る雨という「群雨」から由来しているそう。

 

なぜ「村」になったのかは分かっていないのですが、

個人的な意見だと村のように集まって群れている、

もしくは村を通る雨という成り立ちも考えられるのかなと思います。

 

さいごに

 

いかがでしたか?

普段何気なく使っている言葉ですが、

梅雨の名前の由来や漢字の意味など、分かりましたか?

 

人や物に名前の由来があるように、いろいろな気象にも名前の由来があります!

何気なく使っている「梅雨」という言葉ですが、

まだまだ謎も多く有力な説はあるものの解明はされていません。

先ほど説明した「村雨」や、よく耳にする「時雨」に関しても

同様にまだ分かっていない部分があります。

 

成り立ちや意味を考えながら自分なりにどの説を信じるか、

または自分で説を作ってみるか、他の人の意見も聞いてみるか…など

これを機会に日常で使う言葉を深く掘り下げて考えてみるのも良いと思います。

 

スポンサードリンク