こっそり教えちゃいます!鏡にウロコが見つかった時の取り方


スポンサードリンク

鏡に水垢、ウロコ付いてませんか?

キレイにしているつもりでも、いつに間にか付いているんですよね~

「水垢、ウロコって何?」って思いませんか?

水垢、ウロコの原因と落とし方を調べてみました。

知ってた?鏡のウロコはクエン酸で落ちる!その効果とは?!

スポンサードリンク

水垢・ウロコの原因は、水道水にはカルシウムやマグネシウムなどの

金属イオンが入っています。

鏡に水が付き水が蒸発して金属イオンが残り、白い化合物ができ

それが水垢・ウロコになるんです。

ということは、水垢・ウロコはアルカリ性になります。

アルカリ性には酸性が効果抜群ですね~

酸性を多く含んでいるのは「酢」!

雑巾などに「酢」を含ませて鏡を拭くとキレイなります。

あと酸性を多く含んでいるものは「クエン酸」です。

お掃除によく使われますね~

「酢」は匂いがきついので気になるなら「クエン酸」を

おすすめします。

クエン酸水を作り(水200ml+クエン酸小さじ1)

水垢・ウロコに吹き掛け布などでこすります。

しつこい水垢・ウロコにはクエン酸水をペーパーなどに

染み込ませ鏡に貼り付けて数時間放置します。

このときに上からラップを被せると効果が上がります。

あとは、拭きあげて終わりです。

あなたも今日からできる!鏡のウロコの落とし方を3つご紹介!

「酢」と「クエン酸」の他にも

水垢・ウロコの落とし方があったので紹介します。

■「歯磨き粉」

研磨剤が含まれているので鏡をキレイにしてくれます。

鏡の表面の埃などを流してから、

歯磨き粉を雑巾やスポンジにつけて円を描くように磨きます。

粒子の大きさによっては鏡に傷が付く可能性があるため

粒子の細かいものにしたほうがいいです。

■「キイロビン」と「重曹粉末」

「キイロビン」は本来、車のガラスの油膜落としに使います。

「重曹」はおなじみですね。

スポンジに「キイロビン」と「重曹粉末」を乗せます。

円を描くように軽く磨いてください。

強く磨くと傷になります。

この方法はとにかく根気よく磨かないといけません。

■「ダイヤモンドパッド」

人工微粒子ダイヤモンドが入ったシート・スポンジです。

洗剤を使わずに水だけで擦るとキレイになります。

ただこの方法は最終手段にした方がいいです。

鏡の表面を研磨する、ようは削る手段なので見えない傷が出来てしまいます。

なので油膜の付きやすい状態を作ってしまいます。

よほどの水垢・ウロコでない限りは「酢」「クエン酸水」など

酸性の洗剤を使うといいでしょう。

さいごに

水垢・ウロコを落とす方法をご紹介しましたが、

付かないようにするにはどうするか?

鏡に水滴をつけたままにしないことしかありません。

窓拭きワイパーなどで水滴をとるように日頃から心がけましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です