今すぐ読んで!カーペットのお掃除方法完全ガイド


スポンサードリンク

カーペットのお掃除、掃除機だけじゃキレイにならないですよね。

髪の毛が絡まってたり、毛玉・ホコリなんかも取れにくい。

あとは、なんといってもダニが1番気になります。

カーペットの掃除に重曹が大活躍!一体その秘密とは?!

お掃除に便利な「重曹」カーペットにも使えるの知ってました?

消臭効果・染み抜きにも使えますよ。

1ヶ月に1回程度でいいので、掃除機をかけるときに重曹で消臭しちゃいましょう。

ただカーペットによっては色落ちしてしまうかもしれないので隅のほうで

試してから全体に使ってください。

では、カーペットに重曹を撒きます。

ゴム手袋で優しくカーペットに擦り込んでください。

1時間から半日放置します。

最後に掃除機をかけます。

掃除機をかけるときは、カーペットの毛並みに逆らってかけるようにすると

毛の根元のほうまで吸い取れます。

また、1箇所20秒から30秒かけると充分吸い取れます。

重曹で取れるシミは水性のシミ汚れです。

固く絞った雑巾に重曹をつけて汚れが気になる部分をトントン

たたくようにして、汚れが広がらないようにしましょう。

乾いた雑巾である程度水分を吸い取ったら

ブラシで毛並みを整えながらドライヤーで乾かします。

そして、1番気になるダニ!

干せればいいのですが、なかなか干せないですよね

スチームアイロンが使えますよ。

設定を強にし毛並みにそって端から端までゆっくりかけていきます。

毛並み・へたりにも効果的です。

スポンサードリンク

おすすめ8選!カーペット掃除の有効な洗剤まとめ

空想の他にもカーペットに使える洗剤があるのでまとめて8つご紹介します。

1.中性洗剤

水で薄めて水性のシミや汚れを取るのに使えます。

2.クエン酸

これもお掃除の必須アイテムですね。

重曹、中性洗剤と同様、水性のシミ・汚れに効きます。

3.リビング用洗剤

食べこぼしなどのシミに効果的。

なるべく早く落とすようにしてください。

4.カーペットの簡単シミ取り

水性、油性のシミ汚れ取りできますが、ウールのカーペットには

使えません。

5.万能シミ汚れ落しクリーナー

業務用洗剤の洗浄力を残して一般の人でも使いやすくされています。

シミにスプレーしてふき取るだけ。色落ちしないことでも支持されています。

6.カーペットクリーナー

カーペット屋さんが考えた赤ちゃんにもペットにも安心・安全。

しかも、汚れに強くカーペットには優しいので傷みにくいです。

7.カーペットふっくら再生スプレー

その名のとおりスプレーするだけで、ふっくらふんわりが

戻ります。

8.布製品汚れ取りの匠

油などの有機物を分解、水系有機分解洗剤なので簡単にふき取れ

安全性に優れています。

消臭効果、除菌効果があります。

さいごに

カーペット、キレイになりましたかね?

お天気のいい日にはキレイなカーペットに寝転がり

お昼寝でもしませんか?

気持ちいいですよ~

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です